• ホーム
  • トレンド
  • ビックカメラ有楽町店、1階に「次世代家電」コーナー 第一弾は超音波食洗機や本格サウナ

ビックカメラ有楽町店、1階に「次世代家電」コーナー 第一弾は超音波食洗機や本格サウナ

店舗

2022/06/03 19:30

 ビックカメラは6月3日から、有楽町店の1階店頭入口をリニューアルし、次世代家電の提案コーナーを設置している。第一弾としてサステナブル家電や雑貨、次世代モビリティを集めた売り場を展開する。
 

ビックカメラ有楽町店1階の「サステナブル家電」提案コーナー

ビックカメラ初となる「本格サウナ」の取り扱い

 「サステナブル家電」コーナーでは、ビックカメラ独占販売の超音波食洗機 「The Washer Pro」を展示。キッチン家電としてクラウドファンディング史上最高額の3.6億円を突破した次世代食洗機。電気代は1回当たり1円で、最短30秒で汚れが落ちる。狭いキッチンでも持ち運べ、キャンプ場でも使用できる。

 また、ビックカメラとして初となる本格サウナの取り扱いを開始した。エストニアのHUUM社製薪ストーブと高品質木材からなる本格屋外用サウナと、“ニッポンのやすらぎ”をテーマにした日本ならではの「素材」「デザイン」「技術」を結集したサムライサウナの2ブランドとなる。なお、サムライサウナは参考展示で、後日販売開始の予定。

 ほかにも、液体急速冷凍のパイオニアであるテクニカンの技術を搭載した冷凍ストッカー「マジック 2000」と家庭の冷凍庫に入れられるサイズの「トレジャーボックス」を独占展示販売する。

 アウトドアだけではなく防災にも活躍するポータブル電源「Jackery」も販売する。ソーラーパネルを併せて活用すれば個人で太陽光発電しながら蓄電できる。非常時だけではなく日常的にも使用できる。
 
手前が「次世代モビリティ」コーナー

 「次世代モビリティ」コーナーでは、近距離モビリティ「WHILL」や電動キックボード「MEISTER.F」、チェーンレス電動アシスト自転車「HONBIKE」などを集めて展示する。

 WHILLは高いデザイン性と5cmの段差乗り越え、回転半径76cmの小回りが効き、リアサスペンションを採用した滑らかな乗り心地を特長とする。MEISTER.Fは、公道走行対応モデルを展示し、今後は期間限定で試乗会を開催していく。
 
近距離モビリティ「WHILL」の試乗会も開催していく予定

 HONBIKEはMakuakeのプロジェクトで6億2300万円超を記録し、2020年「GOOD DESIGN AWARD グッドデザイン・ベスト100」にも選出された。

オススメの記事