• ホーム
  • トレンド
  • スシロー、10月1日以降値上げ 郊外型120円からに 一部店舗区分の見直しも

スシロー、10月1日以降値上げ 郊外型120円からに 一部店舗区分の見直しも

販売戦略

2022/05/09 19:00

 あきんどスシローは、スシロー全店で2022年10月1日に価格改定を実施する。同時に一部店舗区分の見直しを行う。

2022年10月1日以降の新価格(郊外店舗の場合)

 スシローは全国一律ではなく、店舗区分(郊外型/準都市型/都市型)によって提供価格を変更している。円安や水産資源の減少などによる食材の調達コスト、物流費、地代、人件費、設備・建設資材の高騰といった事業会社を取り巻く環境の急激な変化を受け、10月1日以降は、郊外型店舗で現行110円(税別100円)の黄色皿を120円に、165円の赤皿を180円に、330円の黒皿を360円にそれぞれ値上げする。価格改定の詳細については、9月初旬頃に別途告知する。
 
事前受付・予約サービスの告知

 10月1日の価格改定までは、これまで通りフェア商品を順次販売する。大手回転寿司チェーンでは、スムーズな入店のため、事前受付・予約サービスやオンライン飲食予約サイトと提携した予約サービスを提供しており、「まいどポイント」がたまるスシローアプリ、Google アシスタント(「今から行く」来店受付)、LINE(座席の受付・予約)の3種類を利用できる。

オススメの記事