• ホーム
  • トレンド
  • 「COTOE流山おおたかの森」4月27日オープン、ロピア・コジマ×ビックカメラを核テナントに

「COTOE流山おおたかの森」4月27日オープン、ロピア・コジマ×ビックカメラを核テナントに

店舗

2022/03/08 19:00

 大和ハウス工業は、千葉県流山市おおたかの森に複合商業施設「コトエ流山おおたかの森」を4月27日にオープンする。

外観イメージ

 物販棟(3階建て)と飲食棟(2階建て)の2棟で構成するNSC(近隣商圏型ショッピングセンター)。食品スーパー「ロピア」と家電量販店コジマ×ビックカメラ」を核テナントとし、ドラッグストア「マツモトキヨシ」、自転車専門店「サイクルベースあさひ」、100円ショップ「キャンドゥ」、英会話・音楽教室などのカルチャースクール、クリニック・調剤薬局、フィットネス施設など、多彩な店舗が出店する予定。
 
「COTOE(コトエ)流山おおたかの森」のロゴ

 「COTOE(コトエ)」は、大和ハウス工業のショッピングセンターの新名称。「事に会う=事会=コトエ」と連想し、「祖父母から孫へ、多世代がつながり、交わり、広がる場、長きにわたりお客さまの笑顔で満ち溢れていく」という想いを込めた。

 コトエ流山おおたかの森は、「わが家のビッグパントリー(食品庫)」がコンセプト。コジマ×ビックカメラ、セカンドストリート、地酒本舗 美酒堂など、流山市初出店の店舗も多い。
 
出店テナント一覧

 アクセスは、つくばエクスプレス「流山おおたかの森駅」西口から徒歩4分。駅周辺では、ショッピングセンターや住宅の開発が進み、子育て世代を中心に人口が増加し続けている。現在の流山市の人口は2011年から約3万5000人増えた。

オススメの記事