「JCBのタッチ決済」、使える店は? Odakyu OXも対応開始

 小田急商事が運営するスーパー「Odakyu OX」は11月24日から「JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)」と「QUICPay+」の取り扱いを開始した。JCBが発表した。

Odakyu OXがJCBコンタクトレスに対応。
「JCBのタッチ決済で/JCBで」と伝えて決済する

 QUICPay+はJCBが2005年から日本国内で提供している非接触のキャッシュレス決済サービスで、通常は「+」を省略してQUICPay(クイックペイ)と呼ばれる。
 
コンタクトレス決済は、バーコード決済に比べ、決済が速くてスピーディー。
一定金額未満ならサイン・暗証番号も要らない

 JCBコンタクトレスは、Visa/JCB/Mastercardなどの各サービスと合わせて「コンタクトレス決済」や「タッチ決済」と呼ばれる。利用方法は、JCBコンタクトレス対応のJCBカードや、JCBカードを登録したスマートフォンなどを読み取り端末にかざすだけ。JCBの公式サイトによると、コンビニエンスストアのセブン-イレブン、ローソンファミリーマート、ポプラ、生活彩家のほか、京王百貨店、イトーヨーカドー、ダイエー、イオン、マックスバリュ、まいばすけっと、マクドナルド、モスバーガー、はま寿司、日高屋、ドトールコーヒーショップなどで使える。
 
JCBコンタクトレスに対応する店舗(一部)。
スーパーマーケットカテゴリでは他にも多数の店舗が対応している

 ただし、ドラッグストアは、現時点ではクスリのアオキ、コクミン、サツドラのみにとどまっている。公式サイトの対応店舗一覧になくとも、店頭にWi-Fiマークを横にしたような非接触決済マークがあれば利用可能だ。

オススメの記事