• ホーム
  • トレンド
  • 横浜で人気の「ラーメン一二三家」、冷凍自動販売機を新たに2台追加!

横浜で人気の「ラーメン一二三家」、冷凍自動販売機を新たに2台追加!

販売戦略

2021/11/25 21:00

 家系ラーメンを手掛ける「ラーメン一二三家」は、横浜市港南区日限山に2台目、横浜市西区宮ヶ谷に3台目となる冷凍自動販売機を設置し、「一二三家」の人気メニュー「とんこつ醤油ラーメン」「もちもち水餃子」の2商品の販売を開始した。

冷凍自動販売機(左)と冷凍された商品(ラーメン)

 国内でも随一のラーメン激戦区といわれる横浜市で2012年からスタートした「一二三家」は、数ある家系ラーメンのなかでも珍しい自家製麺を使用することで、多くの人々に愛され続けている。

 自宅での食事の機会が増えた新しい生活様式に合わせて、「一二三家」も店舗経営のみならず早々にラーメンの冷凍化に成功し、通販サイトで販売開始。自家製麺に加え、店内で調理したストレートスープをそのまま急速冷凍させ、大判のチャーシューをスープに同包、高い評価を得ている。
 
「とんこつ醤油ラーメン」と「もちもち水餃子」

 そして、今回、新たに設置した冷凍自動販売機で「とんこつ醤油ラーメン」と「もちもち水餃子」を販売。協業店であるUDON&showcase鶏冠と自販機をシェアし、鶏冠の「白湯鶏そば」「濃厚魚介鶏白湯つけ麺」も販売する。商品は、24時間いつでも購入が可能となっている。

オススメの記事