Windows 11リリース直前、いま売れているノートPCは?

 全国の家電量販店ECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、2021年8月のノートPCの販売台数前年同月比は79.4%。テレワーク特需の反動減、半導体不足による供給減、Windows 11リリース前の買い控えなどの要因が重なり、前年比2ケタ減となった。


 メーカー別でも各社が前年を割っているが、上位陣ではASUSが唯一、119.8%と昨年を上回った。8月の販売台数シェアでもアップルを抜いて3位に浮上。トップはNECで7月からさらにシェアを上乗せ、20%を超えている。
 

 シリーズ別の販売台数シェアランキングでは、NECの「LAVIE N15 N1565/AA」がトップ。アップルの「MacBook Air Retina(2020)」が1.3ポイント差で追う展開。好調のASUSは「ASUS VivoBook 15 X512DA」が売れ筋。10月はWindows 11リリースに合わせて、各社が新製品を発売される。各社のシェアにも影響が出てきそうだ。(BCN・大蔵 大輔)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

オススメの記事