• ホーム
  • トレンド
  • Coke ON Pay対応自販機、全国38万台に拡大 今ならApple Pay決済でドリンク1本無料

Coke ON Pay対応自販機、全国38万台に拡大 今ならApple Pay決済でドリンク1本無料

 日本コカ・コーラは、昨年、スマートフォン(スマホ)決済サービス各社と共同で、コカ・コーラ公式アプリ「Coke ON」のCoke ON Payに登録した対象決済サービスでコカ・コーラ製品を購入すると、チャージ残高や期間限定ポイントなどで還元するキャンペーンを実施していた。

 そのCoke ON PayにAppleのウォレットサービス「Apple Pay」も対応。8月16日から2週間の期間限定で、「おトクな2週間でApple Payを始めよう!Apple Payで1本買うともう1本もらえるキャンペーン」を実施している。1週目は終了したが、8月29日23時59分までの2週目はまだ間に合う。
 
Coke ON PayにApple Payが対応

 今回の「Apple Payで1本買うともう1本もらえる」では、Coke ON Payアプリから100円以上のコカ・コーラ製品をApple Pay決済で購入すると、コカ・コーラ製品1本と無料で交換できる、Coke ONドリンクチケット1枚がもらえる(キャンペーン期間中の毎週1本目のみ)。Apple Payに複数のカードを登録済の場合、決済時にいずれかのカードを選ぶ。PayPay楽天ペイ、メルペイなど、過去のスマホ決済×Coke ON Payのキャンペーンに魅力を感じていなかった人にはチャンスだ。
 
Coke ON PayアプリでのApple Payの使い方

 また、au PAYなど還元率0.5%のスマホ決済サービスは、1回あたり利用額200円につき1ポイント付与するルールだが(200円未満はポイント還元なし)、Apple Payに登録可能なクレジットカードの多くは月間利用額1000円・200円・100円などに対し、所定のルートでポイント還元する方式のため、利用状況によって、スマホ決済よりApple Pay(クレジットカード・プリペイドカード)で支払ったほうがわずかながらお得となるだろう。
 
自販機サブスク「Coke ON Pass」の募集も再開

 Coke ONは、獲得したスタンプを15個ためると、1本分のドリンクチケットを獲得できるお得なアプリ(サブスクリプションサービス「Coke ON Pass」利用時は対象外)。ドリンク購入でスタンプがもらえるCoke ON対応自販機のうち、全国38万台(2021年7月現在)のCoke ON Pay対応自販機では、Bluetoothで接続し、Coke ON Payアプリを操作して商品を購入できるため、取り出し時以外、自販機と一切触れない「タッチレス」となる。

 8月25日からは、Coke ONアプリをインストールせずに、iPhoneを使ってCoke ON Pay対応自販機におけるApple Payでの決済や、1本購入につき1つのスタンプを獲得できる「App Clip」に順次対応予定。iOS 14の新機能であるApp Clipは、店頭に掲出されたコードをスキャンしたり、NFCタグをタップしたりするだけで関連したサービスを簡単に利用できる仕組み。専用アプリのインストールを億劫に感じる人には便利なサービスといえる。

オススメの記事