SBI証券、取引に応じたPontaポイント付与などを11月から開始

販売戦略

2021/08/23 18:30

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、オンライン証券大手のSBI証券とポイントサービスに関して提携し、投資信託の取引などに応じてPontaポイントを付与するサービスを2021年11月から開始する。

ポイントサービスに関して提携

 SBI証券のポイントサービスで「Ponta」をメインポイントに設定することで、対象となる取引やサービスの利用に応じてPontaポイントがたまる。また、投資信託の買付時にPontaポイントが使えるようになり、共通ポイントを使った本格的な資産形成、「Pontaポイント投資」が可能だ。
 
Pontaポイントを付与する対象の取引

 なお、新規口座開設で一律100Pontaポイントし、国内株式入庫で1回の移管入庫につき100Pontaポイントを付与する。
 
「Pontaポイント投資」の概要

 Pontaは2013年3月にサービスを開始した共通ポイント。LMはKDDIと提携し、20年5月からKDDIが付与するポイントはPontaポイントになったため、会員基盤はさらに増えた。SBI証券とLMの提携で、1ポイント1円の価値として使えるPontaポイントの価値は高まる。

オススメの記事