• ホーム
  • トレンド
  • 伊藤かずえさんの愛車「シーマ」、いよいよレストアを開始

伊藤かずえさんの愛車「シーマ」、いよいよレストアを開始

時事ネタ

2021/04/27 17:30

 日産自動車は、女優の伊藤かずえさんが同社のセダン「シーマ」を30年以上にわたり愛車として乗り続けていることに感謝し、この先も快適で楽しいドライブをしてもらいたいとの判断で、伊藤さんの愛車を4月26日に日産自動車のグループ会社であるオーテックジャパンで一時預かり、レストアを開始した。


 4月26日の13時過ぎ、伊藤かずえさんが愛車「シーマ」に乗って日産自動車へ来場。愛車「シーマ」としばしのお別れになる前のラストドライブを楽しんだ伊藤さん。「ラストドライブで走行距離が26万6500kmになった。メーターは戻さないで欲しい」と笑顔で語った。

 今回のレストアの経緯について伊藤さんは、「そろそろレストアを考えてみては?という意見をもらい、考えていたところに日産からレストアの提案があった」としている。3月17日のレストアの取り組みの発表後、SNSなどで大きな反響があったことについて聞かれると、「Twitterのフォロワー数が1日で1万人増え、こんなにも注目度が高いのか」とうれしそうに話していた。また、レストアが完了した暁には、「シーマは高速走行の安心・安全感がある車なので、遠くに行ってみたい」という希望を語ってくれた。

 日産自動車のレストアチームのメンバーである松村氏は、今回のレストアについて、「伊藤さんがシーマを30年も大切に乗ってくれているので、自動車会社冥利に尽きる。感謝の気持ちを込めて今回のレストアを取り組みたい」と述べた。今後のレストアのスケジュールについては、「まずは車内をチェックしたうえで、伊藤さんと話しながら進めていきたい。伊藤さんにこれからもシーマを楽しんでもらえるよう日産の全精力をかけて取り組む」としている。

 シーマとのお別れに対して、伊藤さんは、「娘が生まれてチャイルドシートでシーマに乗っていたのが昨日のように感じる。今では、娘もシーマを運転している。30年も乗っていると車に魂が宿っているように感じる。今までありがとう、新しくなってからも頑張って乗せてほしい」と感慨深いコメントを寄せた。

 なお、レストア期間中は、日産自動車の現行ラインアップの中から選んだ車を代車として使用してもらう。伊藤さんが選んだのは、先進のパワートレイン“e-POWER”を搭載したコンパクトSUV「日産キックス(KICKS)」。伊藤さんは、「オレンジが可愛く、シーマとは全く違うタイプの車だが乗るのが楽しみ」と述べている。

オススメの記事