• ホーム
  • トレンド
  • 緊急事態宣言の解除後に78.8%が「外食したい」、ぐるなびの調査

緊急事態宣言の解除後に78.8%が「外食したい」、ぐるなびの調査

データ

2021/03/08 18:30

 ぐるなびは、「ぐるなびリサーチ部」として「緊急事態宣言解除後の外食意向」について調査した。調査は、20~60代のぐるなび会員1000人を対象に、3月1~2日期間にウェブアンケートで実施した。

緊急事態宣言の解除後、外出したいか(n=1000)。

 直近1カ月の外食頻度を聞いたところ、「週に1回以上」が30.2%という。緊急事態宣言の解除後に78.8%が「外食したい」と回答したとのことだ。。緊急事態宣言の解除後に一緒に外食したい相手は、「家族(64.1%)」と「友人・知人(46.2%)」が高いという。友人・知人は、20代の女性が65.6%と全体に比べて高く、「1人で」が全体の27.7%なのに対して20~40代の男性が40%以上と高い傾向にあったという。

 また、緊急事態宣言の解除後に行きたいお店のジャンルは「寿司(52.0%)」「焼肉(48.9%)」「イタリアン・フレンチ(42.4%)」が上位。イタリアン・フレンチと「カフェ、喫茶店」は、女性の意向が高いという。「居酒屋」は、男性の意向が高い傾向にあるとのことだ。

 さらに、緊急事態宣言解除後の外食時に気を付けることは、半数以上が「少人数での利用」「密を避けられるお店を選ぶ」と回答したという。その他、「Go To Eatキャンペーン」のポイントは、保持者の91.6%が緊急事態宣言解除後の外食で「使う」と回答したとのことだ。

オススメの記事