• ホーム
  • 業界動向
  • 実店舗オーナーは消費者よりも店選びでキャッシュレス決済の有無を意識せず

実店舗オーナーは消費者よりも店選びでキャッシュレス決済の有無を意識せず

データ

2021/02/09 19:00

 MMD研究所は、Squareと共同で実施した「【第2弾】実店舗オーナーによる運営店舗のキャッシュレス決済利用動向調査」の結果を2月8日に発表した。

キャッシュレス決済利用者がもっとも導入しているキャッシュレス決済手段は「カード決済」

 調査は、予備調査として20~69歳の会社経営者または自営業者6057人、本調査として決済サービスの導入決定権を持っているキャッシュレス決済導入店舗のオーナー、決済サービスの導入決定権を持っている現金決済のみ対応店舗のオーナー1000人に対して、1月23~24日に行われている。

 会社経営者または自営業者に、消費者としてキャッシュレス決済を利用しているかを尋ねたところ、キャッシュレス決済利用者が77.0%、キャッシュレス決済未利用者が23.0%だった。

 キャッシュレス決済の導入状況を尋ねた質問では、キャッシュレス決済利用者が導入している決済が「カード決済」(47.8%)と最多で、「QRコード決済」(39.8%)、「交通系以外の電子マネー」(20.0%)と続いている。
 
キャッシュレス未利用者がもっとも導入しているキャッシュレス決済手段は
「QRコード決済」

 キャッシュレス未利用者が導入している決済は「QRコード決済」(9.3%)が最も多く、「カード決済」(9.0%)、「交通系以外の電子マネー」(2.6%)が続いた。
 
実店舗オーナーは消費者と比較して店舗選びでのキャッシュレス決済意識が下回る

 会社経営者または自営業者に、店舗オーナーとしてではなく消費者としての、普段の支払い方法を尋ねたところ、77.0%が現金以外の支払い方法を利用している。

 現金以外の支払い方法を利用している人(897人)に対して、現金のみ対応の店舗で来店をやめたことがあるかを尋ねた質問では、20.4%がやめたことがあると答えており、キャッシュレス決済の導入状況でお店選びをしたことがあるかを尋ねたところ、31.1%が導入状況で選んだことがあると回答した。さらに、キャッシュレス決済に対応していない店舗が古いと思うかを尋ねた質問では、「あてはまる」(18.4%)、「ややあてはまる」(21.1%)を合わせた39.5%が、「古いと思う」と答えている。
 
「キャッシュレス決済が利用できなかったため、店舗への来店をやめた経験がある
キャッシュレス決済利用者は31.5%」という結果を受けて、現金決済のみ対応店舗における
キャッシュレス決済の導入意向が増加

 決済サービスの導入決定権を持っている現金決済のみ対応店舗のオーナー(500人)に、前回調査結果の「キャッシュレス決済が利用できなかったため、店舗への来店をやめた経験があるキャッシュレス決済利用者は31.5%」を見る前と見た後の気持ちを尋ねたところ、見る前が「導入を検討しようと思う」で3.4%、「導入検討を迷う」で30.4%だったのに対して、見た後が「導入を検討しようと思う」で16.2%、「導入検討を迷う」で26.4%となった。
 
「キャッシュレス決済が利用できなかったため、店舗への来店をやめた経験がある
キャッシュレス決済利用者は31.5%」という結果を受けて、キャッシュレス決済導入店舗における
キャッシュレス決済の継続意向も増加

 決済サービスの導入決定権を持っているキャッシュレス決済導入店舗のオーナー(500人)に、前回調査結果の「キャッシュレス決済が利用できなかったため、店舗への来店をやめた経験があるキャッシュレス決済利用者は31.5%」を見る前と見た後の気持ちを尋ねた質問では、見る前が「継続利用しようと思う」で65.0%、「継続利用を迷う」で13.2%だったのに対して、見た後が「継続利用しようと思う」で67.8%、「継続利用を迷う」で16.6%となっている。
 
キャッシュレス決済の導入理由は「キャッシュレス・消費者還元事業に対応したい」
「機会損失の減少」「新規顧客層の開拓」

 決済サービスの導入決定権を持っているキャッシュレス決済導入店舗のオーナーに、キャッシュレス決済を導入した理由を尋ねたところ(複数回答)、「キャッシュレス・消費者還元事業に対応したかったから」(29.9%)が最多で、「キャッシュレス対応していないことによる機会損失を減らしたいから」(28.6%)、「キャッシュレス決済に対応することで、新しい顧客層の開拓ができると思ったから」(26.5%)が続いた。
 
17.2%の店舗でキャッシュレス決済導入後に客単価が上昇

 運営する店舗において、キャッシュレス決済を導入する前後で客単価が変化したかを尋ねた質問では、「客単価が上がった」という回答が17.2%に達している。
 
キャッシュレス決済を導入しない理由は「導入費用や手数料が高い」
「キャッシュレス決済利用者が少ない」

 決済サービスの導入決定権を持っている現金決済のみ対応店舗のオーナーに、キャッシュレス決済を導入しない理由を尋ねたところ(複数回答)、「初期導入費用や各種手数料が高いから」(44.4%)が最も多く、「キャッシュレス決済利用者が少ないと思うから」(37.6%)、「客数・客単価が上がるとは思えないから」(37.1%)がそれに続いた。
 
会社経営者または自営業者の約3割がキャッシュレス決済の
振込手数料や管理費に不満

 会社経営者または自営業者に、キャッシュレス決済の手数料や管理費についてどのようなイメージを持っているかを尋ねた質問では、約3割が振込手数料や管理費に不満を持っていることが明らかになっている。
 
キャッシュレス決済導入後の不満は
「導入費用や月々の手数料の支払い」「入金までに時間がかかる」

 決済サービスの導入決定権を持っているキャッシュレス決済導入店舗のオーナーに、キャッシュレス決済を導入後に感じた不満点を尋ねたところ(複数回答)、「導入費用や月々の手数料の支払いがある」(27.8%)が最多で、以下、「入金までに時間がかかる」(27.2%)、「金額をミスした際、修正するのが面倒」(17.0%)が続いた。

オススメの記事