• ホーム
  • 業界動向
  • ネット銀行・ネットバンキングは約7割、ネット上での株式売買を約2割が経験あり

ネット銀行・ネットバンキングは約7割、ネット上での株式売買を約2割が経験あり

データ

2020/11/27 08:30

 MMD研究所は、18~69歳の男女を対象に実施した予備調査と、ネット銀行・ネットバンキング利用経験者およびネット上での株式売買経験者を対象に実施した「電子金融取引に関する調査」の結果を11月24日に発表した。

ネット銀行・ネットバンキング利用経験者は69.3%、40代・50代・60代の7割以上が利用経験あり

 予備調査は、18~69歳の男女4400人に対して、10月20~29日の期間に行われている。

 調査対象者に、ネット銀行・ネットバンキングを利用したことがあるかを尋ねたところ、「現在利用している」と「過去に利用していた」を合わせてネット銀行・ネットバンキング利用経験者は69.3%だった。

 年代別では、40代・50代・60代の7割以上がネット銀行・ネットバンキングの利用経験がある。「利用したことはない」は、10~20代が39.4%で最も多い。
 
メイン利用の経験があるネット銀行・ネットバンキングの1位は「楽天銀行」

 ネット銀行・ネットバンキングを利用したことがある人(328人)に、メイン利用の経験があるネット銀行・ネットバンキングを尋ねた質問では、「楽天銀行」(30.9%)が最多で、「ゆうちょ銀行」(9.6%)、「みずほ銀行」(7.7%)が続いた。
 
ネット銀行・ネットバンキング選びでもっとも重視するのは「手数料が安い・無料になる」

 ネット銀行・ネットバンキングを選ぶ際に重視したことについては(複数回答)、「手数料が安い・無料になる」(62.1%)が最も多く、「24時間操作可能」(40.7%)、「手続きが簡単」(38.8%)が続いている。
 
銀行口座に紐づけているキャッシュレス決済スマートフォン決済(QRコード式)が最多

 キャッシュレス決済の利用と銀行口座のひも付けについて尋ねたところ、「現在利用しており、銀行口座に紐づけている」のはスマートフォン(スマホ)決済(QRコード式)が29.1%、スマホ決済(非接触型)が12.8%、カード型電子マネーが16.7%だった。「現在利用しているが、銀行口座にひも付けていない」は、スマホ決済(QRコード式)が23.1%、スマホ決済(非接触型)が19.4%、カード型電子マネーが31.3%となっている。
 
キャッシュレス決済と銀行口座を紐づける理由は「現金を引き出す手間が省けるから」

 キャッシュレス決済と銀行口座をひも付けている人(1815人)に、キャッシュレス決済と銀行口座をひも付ける理由を尋ねた質問(複数回答)では、「現金を引き出す手間が省けるから」(42.4%)が最多で、「即時決済が可能になるから」(32.8%)、「オートチャージが可能になる、チャージが楽だから」(30.7%)が続いた。
 
7割近くがネット上のお金の取引に不安感、とりわけ60代女性では8割超に

 ネット上のお金の取引に不安を感じるかを尋ねたところ、「不安を感じる」と「どちらかというと不安を感じる」を合わせた回答は68.1%に達している。不安を感じると答えた人を年代別でみると、60代女性(82.9%)が最も多く、50代女性(80.6%)、40代女性(77.2%)が続いた。

 一方、10~20代男性の43.4%、30代男性の42.9%、40代男性の41.0%は、不安を感じないと答えている。
 
ネット上の金融取引におけるセキュリティ対策は「口座取引履歴をこまめに確認する」が最多

 調査は、予備調査においてネット銀行・ネットバンキング利用経験があると回答した男女(328人)と、ネット上での株式売買経験があると回答した男女(333人)を対象に行われた。

 ネット銀行・ネットバンキングを利用したことがある人(328人)に、ネット上の金融取引におけるセキュリティ対策として行うことを尋ねたところ(複数回答)、「口座取引履歴をこまめに確認する」(37.3%)が最多で、「二要素認証を設定する」(34.8%)、「公共のパソコンで口座にログインしない」(30.1%)が続いている。
 
ネット上での株式売買経験者は26.9%、年代別では30代が最多

 予備調査で、ネット上での株式売買の経験を尋ねた質問では、「現在売買している」と「過去に売買していた」を合わせて株式売買経験者が26.9%で、年代別で30代(29.9%)が最も多く、60代(28.1%)、40代(27.4%)が続く。
 
メイン利用の経験があるネット証券会社1位は「楽天証券」

 ネット上での株式売買経験がある人(333人)に、メイン利用の経験があるネット証券会社を尋ねたところ、「楽天証券」(24.8%)が最多で、以下「SBI証券」(21.9%)、「野村證券」(11.1%)が続いている。
 
ネット証券会社を選ぶ際に最も重視するのは「手数料の安さ」

 ネット証券会社を選ぶ際に重視したこととしては(複数回答)、「手数料が安い」(70.6%)が最も多く、「口座開設など手続きが簡単」(35.0%)、「取引ツールの使いやすさ・わかりやすさ」(34.7%)が続いた。

オススメの記事