• ホーム
  • 業界動向
  • どっちに聞こえる? 突如トレンド入りした謎のワード「エーアイアイ」

どっちに聞こえる? 突如トレンド入りした謎のワード「エーアイアイ」

トレンド

2020/11/21 17:00

【いま注目のトレンドワード・10】 Twitterのトレンドを制する者は、時代のトレンドを制する――。先週のTwitterトレンドを振り返り、今知っておきたいワードをピックアップするこの連載、今回は「エーアイアイ」に注目する。「AI」ではなく、“エーアイアイ”。一体、何のことなのだろうか。

ほら、どんどんエーアイアイに聞こえてくる……

 11月10日に突如として、エーアイアイという謎の言葉がトレンド入り。人によって聞こえ方が変わるケータイのシャッター音という。問題のシャッター音は、昔ドコモから販売されていたガラケーのもの。実際は、「撮ったのかよ!」という音声が流れている。しかし、人によっては、撮ったのかよ!がエーアイアイに聞こえるという。

 実は「撮ったのかよ!がエーアイアイに聞こえる」という指摘、かなり昔から存在していたようだ。以前には、YouTuberの水溜りボンドもエーアイアイに注目し、「人によって全く聞こえ方が違う音が存在した」と動画をアップ。はじめにシャッター音を再生すると、撮ったのかよ!に聞こえたが、音程を操作したところ出演者全員が、エーアイアイと聞こえるようになった。

 エーアイアイに限らず、人によって認識が変わるものは他にもある。例えば以前、話題になったのは人によって色が違って見える「ストライプ柄のドレス」。「黒と青」に見える人もいれば「白と黒」にしか見えないという人もいて、日本だけでなく世界中で議論を巻き起こした。ちなみに、この画像は現在でもミームの一つとして受け継がれている。

 視覚と聴覚には、人によって意外と差があるもの。「そんなわけはない」と思った人は、1度、エーアイアイの音声を聞いてみてはいかがだろうか。(フリーライター・井原亘)

「エーアイアイ」だけじゃない! ぜひチェックしたいその他トレンドワード
・アルモンテ
・おつじぇる
・おつりーぬ
・オーソリティ

■Profile
井原亘

PR会社社員の30代男性。現在は流行のモノや現象を追いかけるフリーライターとして活動中。ネットサーフィンとSNS巡回が大好きで、暇さえあればスマホをチェックしている

オススメの記事