• ホーム
  • トレンド
  • 「d払い」に機能追加、店舗からクーポンが届く「メッセージメニュー」や「請求書払い」など

「d払い」に機能追加、店舗からクーポンが届く「メッセージメニュー」や「請求書払い」など

 NTTドコモは、2020-2021年冬春 ドコモ スマートフォン・ドコモ タブレットの発表とともに、スマートフォン決済サービス「d払い」の機能を拡充すると発表した。

 5G対応の「Galaxy A51 5G SC-54A」「arrows NX9 F-52A」「LG VELVET L-52A」「AQUOS sense5G SH-53A」「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」「Xperia 5 II SO-52A」などスマートフォン(スマホ)7機種は、「振る」だけの簡単動作でアプリを起動できる「スグアプ」に対応。初期設定では「1回振る」とd払いアプリが起動する。スマホ決済サービスが乱立するなか、スグアプは、使いやすさを高めるドコモ独自の取り組みだ。
 
ドコモの2020-2021年冬春モデル

 d払いアプリの機能拡充としては、公共料金などの請求書(振込票)をカメラで読み取って最大1回30万円までd払い残高で支払える「請求書払い」(dポイントの付与なし)、店のテーブルに用意しているQRコードを読み取って注文から決済まで完了できるミニアプリ「予約・注文サービス」の新機能「テーブルオーダー」、d払いによる支払いでクーポンが自動的に適用となる「決済連動型」や、1回で使用済みとなる「もぎり型」のクーポン、会計に応じて発行されるレシートクーポンを追加する。
 
「レシートクーポン」の画面イメージ

 さらに、dポイントやd払いを使用した店舗からメッセージやクーポンが届き、タイムライン形式で表示する「メッセージメニュー」を追加し、ユーザーと企業・店舗間のコミュニケーションを強化する。機能拡充は2020年11月下旬以降、順次提供を開始する。

オススメの記事