イオンリテールは10月16日から3日間、カルビやタン、ホルモンなど通常よりも1.5倍の品ぞろえをした「おうちで焼肉屋さん」を、東北を除く本州や四国のイオンやイオンリテール約360店舗の精肉コーナーで開催している。10月18日がキャンペーンの最終日となる。新型コロナ対策も踏まえて、自宅で存分に焼肉を楽しもう。

イオンの「おうちで焼肉屋さん」

 同社によると、2020年3~9月の「ホットプレート」の販売台数が前年同期比165%、鍋の9月の販売台数が同110%に急増するなど、新型コロナの感染が拡大する中で焼き肉や鍋料理を自宅で楽しむユーザーが増えているという。
 
イオンの「おうちで焼肉屋さん」

 おうちで焼肉屋さんの商品の一例は、米国産牛肉ばらカルビ焼用が100g当たり税別278円、豪州産タスマニアビーフかた焼肉用(みすじ)が498円、国産匠和牛ばらカルビ焼用が798円、米国産牛タン厚切り焼肉用が598円、米国産・加熱用牛シマ腸(解凍)が120g入りで298円、豚肉豚トロ(ネック)ねぎ塩味付け焼肉用(解凍)(原料肉/米国産)が100g当たり128円などとなっている。

 なお、店舗やエリアによって品ぞろえや販売期間が異なる場合がある。