• ホーム
  • 業界動向
  • メルペイでも3件の不正被害、新規口座登録・チャージ時のeKYCを義務化へ

メルペイでも3件の不正被害、新規口座登録・チャージ時のeKYCを義務化へ

販売戦略

2020/09/16 12:47

 スマートフォン決済サービス「メルペイ」は9月16日、ゆうちょ銀行が連携する一部のアカウントで不正引き出しがあったと公表した。同行からの口座登録・チャージを一時停止するとともに、連携する全ての金融機関を対象に新たな対策を導入するという。

ドコモ口座に端を発する不正引き出し問題がメルペイにも波及

 不正引き出しが行われたのは3件。被害金額は49万8113円。被害者に全額補償する方向で対応を進めている。また、現時点で他の金融機関とひもづくアカウントでの被害は確認されていないという。

 メルペイは、これまで会員登録時のSMSによる二段階認証や犯罪収益移転防止法に基づく本人確認、専門スタッフとシステムの組み合せによる24時間365日の監視など、多層的な対策を講じてきたが、今後はさらに下記を追加する。

 (1)新規に金融機関口座の登録をするユーザーに対して、登録時の本人確認(eKYC)を実施、(2)すでに金融機関口座の登録をしているユーザーに対して、チャージ時の本人確認を実施。

 「eKYC」とは、犯罪収益移転防止法に基づく本人確認の方法で、本人確認書類や顔写真をオンラインにアップロードすることで完結する仕組みを採用している。メルペイは、一部の金融機関で本日から対応開始し、順次、全ての金融機関に拡大していく。

オススメの記事