20代の「退職」申し出、夏のボーナス後1カ月に3割超

データ

2020/08/21 17:00

 学情は8月20日、20代の仕事観や転職意識をひもとくためのアンケート調査の一環として実施した「夏の賞与」に関する調査の結果を発表した。調査は、学情が運営する20代専門の転職サイト「Re就活」への訪問者を対象に、8月5~16日の期間に行われ、330人から有効回答を得ている。

8割の人が「賞与後に転職しようと思っていた」と回答

 調査対象者に、転職と賞与の関係について尋ねたところ、「賞与額に関わらず、賞与支給後に転職しようと思っていた」という回答が80.3%に達した。
 
夏の賞与後1カ月以上の経過で退職を申し出る人が3割超に

 会社に退職を申し出た(申し出る)タイミングを尋ねた質問では、退職希望を「賞与の前」に申し出ると答えた人は30.4%で、賞与支給よりも前に退職意思を示す人は少数派といえる。

 賞与後に退職意思を申し出ると回答した人では、「夏の賞与から1か月後」が最多で、33.9%の人が「夏の賞与後1か月以上たってから」退職意思を会社に伝えると回答した。
 
半数超の人が「賞与額が転職を考える理由になった」と回答

 賞与額と転職を考える理由の関係性では、「転職を考えるおもな理由になった」が11.2%、「転職を考える理由の1つになった」が43.2%で、賞与額が転職を考える理由になった人が54.4%に達している。

オススメの記事