中日本高速道路(NEXCO中日本)は7月29日、沖電気工業、ソニーペイメントサービス、日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)、メイテツコムの4社の試行運用実施会社と共同で、「ETCカードとクレジットカードの事前登録でラクラクお会計(ドライブスルーにおけるETC多目的利用サービス)」を実施する。同時に、この試行運用に協力するモニターの募集を開始した。

試行運用を実施するケンタッキーフライドチキン 相模原中央店

 5社による「ETC多目的利用サービス」事業化検討プロジェクトは、国土交通省の指導のもと検討を進めてきたもので、ETC多目的利用サービスを利用したドライブスルーは日本で初めての取り組み。従来は有料道路料金の支払いのみだったETCを物販や飲食などの決済に活用することで、キャッシュレス化による利便性の向上、決済処理の効率化、人と人の接触機会低減による新型コロナウイルスへの感染予防などの効果を見込む。
 
ドライブスルー利用イメージと、店舗に設置するETCアンテナ
 
ドライブスルーにおけるETC多目的サービスの流れ

 今回の試行運用は、日本KFC 相模原中央店(神奈川県相模原市中央区中央2-13-1)で実施する。期間は8月3日~11月30日。モニターは事前応募制で、特典として何度でも購入商品を1割引で提供する。さらに、アンケート回答後、抽選で500人に日本KFC 相模原中央店で使える1割引クーポンをプレゼントする。なお、商品受渡口のスタッフに会計は「ETCで支払う」と伝えることが必要。

 モニター応募申込期間は7月29日~11月13日。メールで後日アンケートに協力することが条件となり、セットアップ済みのETC/ETC2.0対応車載器、三井住友カードなど、本人名義の指定のクレジットカード・ETCカードが必要。デビットカード、プリペイドカードは利用できない。

 モニターに関する問い合わせは日本KFC お客様サービス係・0120-197074または応募サイト(https://etc-regist.meicom.jp)の問い合わせフォームへ。試験運用結果は、今後のETC多目的利用サービスの普及促進に活用する方針。