ソニーは7月10日、Epic Gamesに2.5億ドル(約270億円)を出資すると発表した。すでに、ソニーの完全子会社を通じて戦略的に出資しEpic Gamesの少数持分を取得することについては、合意しているという。今後は、さらに関係を強化し、最先端のテクノロジーやエンターテインメント、オンラインサービスを発展させていくという。

ソニーがEpic Gamesに約270億円を出資する

 ソニーの吉田憲一郎会長兼社長CEOは、「Epic Gamesはグラフィックなどの優れた技術を持ち、Unreal Engineをはじめとする数々の革新によってゲームエンジンの進化をけん引している。また、『フォートナイト』ほど革新的なエンターテインメント体験はほかにない。今回の出資を通じて、ゲーム分野に限らず、急速に発展しているデジタルエンターテインメントの領域で楽しんでもらえる価値を提供していく」とコメントしている。

 また、Epic Gamesのティム・スウィーニー ファウンダーCEOは、「両社ともクリエイティビティとテクノロジーが交わる分野でビジネスを展開しており、ゲーム、映画、音楽を融合させるリアルタイム3Dソーシャルエクスペリエンスに関するビジョンを共有している。協力して、全てのユーザーとコンテンツクリエーターに向けて、よりオープンでアクセスしやすいデジタルエコシステムの構築を目指す」という。

 ソニーとEpic Gamesのシナジー効果が期待できる分野は多岐にわたる。例えば、近頃、Epic Gamesはフォートナイトの中で映画を上映することもあるので、将来的にソニー・ピクチャーズの映画がフォートナイト内で定期的に配信されるようになるかもしれない。

 このほか、ソニーのスマートフォンでフォートナイトが快適に遊べることを訴求したり、Epic Gamesの新ゲームエンジンを使った次世代ゲーム機用のタイトルを開発したりと、すでに手を組んでいる分野は多い。今後の展開も注視していきたい。