新型コロナウイルス感染症の影響が各所に出ている。小売店では、「店員がつり銭を素手で渡した」と憤り、トラブルに発展するケースもあるという。飛沫、接触で感染するといわれているので懸念は理解できるが、トラブルは避けたい。そこで、買い物をするときに少しでも接触の可能性を下げるため、キャッシュレス決済の活用をおすすめしたい。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止にキャッシュレス決済の活用が期待される

 新型コロナウイルス感染症は、飛沫や接触で感染するとされている。つまり、買い物をする際は店員との会話やつり銭の手渡しなど、感染リスクを完全に回避するのが難しい。近ごろは、店員がマスクを装着する、レジに透明なビニールカーテンを設置するなど、飛沫に関する対策が取られているが、限界はある。

 特に、つり銭は手で渡すケースが多く、店員がビニール手袋を装着したり、トレーを使って間接的に渡したりしても、いつ他の客の手を触ったか、あるいは他の客が触った金銭を手に取ったかは分からない。現金で買い物をした場合、接触するリスクは避けることができないのだ。

 一方、キャッシュレス決済なら、接触の回数を極力減らすことができる。中でも、PayPayやLINE Payなどのスマートフォン(スマホ)決済サービスなら、自分以外が触らないので安心だ。電子マネー(ICカード)もタッチするだけで決済できるなら、接触の可能性は低い。クレジットカードもキャッシュレス決済ではあるが、タッチ式ではない場合、一度店員に渡す必要がある場合が多いので、接触する可能性は現金とほぼ変わらない。
 
今はスマホ決済サービスがおすすめ

 なお、スマートフォン決済サービスで支払う場合は、2通りの方法がある。ひとつは自身のスマホに提示したコードを店員にリーダーで読み取ってもらう方法、もうひとつは店舗が提示するコードを読み取って支払う方法だ。店舗によって異なるが、いずれの場合も店員と接触する機会はない。

キャッシュレスはお得

 キャッシュレス決済には、接触機会を減らす以外にも、現金よりお得に買い物できるというメリットもある。サービスごとに多少異なるが、クレジットカードやスマホ決済に備わっている「還元」という仕組みだ。現金の場合は、支払った分だけ資産は減るが、キャッシュレス決済なら1%前後の金額がポイントや電子マネーで戻ってくるのだ。さらに今なら、国が「キャッシュレス・消費者還元事業」を展開しており、対象店舗では5%、フランチャイズは2%の還元がある点も見過ごせない。
 
対象店舗でキャッシュレス決済を利用すれば5%もしくは2%の還元がある

 現金で支払う際もポイントカードを提示すれば、ポイントは戻ってくるが、現金とは別に管理する手間がかかる。その点、キャッシュレス決済なら一度の手間で、ポイント使用も支払いも済ませることができる。とりわけスマホ決済は、電子マネー残高と特典の残高(ポイントと同じ扱い)をアプリ上で一括管理できるので手軽だ。ICカードの場合は、「おサイフケータイ」対応のスマホなどと連携すれば、物理カードを所持する必要はなく、荷物を減らすことができる。

デリバリーやテイクアウトの活用

 感染拡大の防止に向けて、3密を避けるためにも飲食店のデリバリーサービスやテイクアウトサービスも注目を集めている。これらを利用する手段として使い勝手がいいのは「LINE」だろう。デリバリーサービス「LINEデリマ」とスマホ決済「LINE Pay」を同一アプリ上で展開ており、登録する店舗数も多い。LINE Payは「出前館」「Uber Eats」などの支払いに対応している点も強みだ。

 また、各飲食店ではデリバリーサービスやテイクアウトを対象にしたキャンペーンを展開している。感染拡大を防止しつつお得に買い物をしたい場合は、ぜひ活用してほしい。買い物をすることは、売上が減少している店舗の存続を支えることにもつながるので、積極的に使っていきたい。

 スマホ決済は「使いにくい」といった声もあがっているが、感染拡大防止に向けた接触機会の低減には役立つ。家にいる時間が長いこの時期なら、しっかりと使い方を確認することもできる。その上お得なので、普段使っていない人も、この機会にチャレンジしてみるのがオススメだ。(BCN・南雲 亮平)