FROSKは、スマートフォン(スマホ)アプリの利用状況やクラッシュに関するアンケート調査「アプリクラッシュ調査レポート2019年下半期」を実施した。全国の10~69歳の男女728人を対象に、2019年12月2~9日の期間に調査。調査によって、10代と20代に嫌われるアプリ(くそアプリ)の原因が明らかになったという。

10代・20代は「強制終了したり固まる」アプリを「くそアプリ」と認定

 調査対象者に、「なにがあると、特にひどいアプリ(くそアプリ)だと思いますか?」を尋ねたところ、10代・20代では平均約25%が「強制終了したり固まる」と回答した。
 
15~19歳の女性は、「強制終了したり固まる」アプリに特に厳しい

 スマホネイティブ世代である10代・20代は、アプリの強制終了やハングアップに対してとりわけ厳しく、中でも15~19歳の女性で32.6%がこういったアプリを「くそアプリ」とみなしている。
 
複数回アプリが落ちたら「もう使わない」という人が、
見切りを付けるクラッシュ回数は4回以下

 「同じアプリが複数回落ちた際、その直後どうしますか?」を尋ねた質問に対して「もう使わない」と答えた人のうち、「同じアプリが使うたびに落ちて、使わなくなることがあるとしたら、何回落ちた場合ですか?」を尋ねたところ、約6割が「4回以下」と回答した。

 ジャンル別では、「LINE・メール・SNS」が70%超と最も高く、最も低い「ファイナンス」でも約57%が4回以下のクラッシュでアプリを使わなくなると答えている。
 
落ちたらもう使わないアプリのジャンル別トップは「ゲーム」

 「同じアプリが複数回落ちた際、その直後どうしますか?」という質問に、「もう使わない」とされたアプリのジャンルのうち、最も割合が高かったのは「ゲーム」(13.1%)だった。