• ホーム
  • 業界動向
  • 新型コロナによるiPhone不足を解消? SIMフリー版のiPhone XS Maxがヨドバシ・ビック一部店舗で販売開始

新型コロナによるiPhone不足を解消? SIMフリー版のiPhone XS Maxがヨドバシ・ビック一部店舗で販売開始

 ヨドバシカメラビックカメラは、3月7日にSIMフリー版の「iPhone XS Max」の予約販売を開始した。取り扱い店舗は、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba、マルチメディア梅田、ヨドバシ・ドット・コム、ビックカメラ有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店、ビックカメラ.com。

 
ヨドバシカメラビックカメラSIMフリー版iPhone XS Maxの販売を開始

 カラーは、シルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色。税込み価格は、64GBモデルが9万3800円、256GBモデルが9万9800円、512GBモデルが12万9800円(512GBはヨドバシカメラのみ販売)。

 両グループは、iPhone各種のSIMフリー版を販売しているが、新型コロナウイルスの影響でアップルの部品調達に支障が出ており、最新モデルの在庫不足が生じ始めているとの情報もある。今回のiPhone XS Max販売は、商戦期である3月の売り逃しを防ぐ狙いもあるようだ。

オススメの記事