オンライン決済サービスをクローバル展開するPayPal(ペイパル)は2月26日、楽天のEC「楽天市場」の決済プラットフォームに同社の決済サービスを提供したと発表した。楽天市場の加盟店がPayPalの決済手段を導入することが可能になる。


 PayPalユーザーは、ワンタッチ決済を利用することでクレジットカード情報を入力せずに、PayPalアカウントから商品の支払いができるようになる。

 また、デビッド・クレジットカードに加えてPayPal口座を連携させた銀行口座(みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行)からの支払いが可能になる。

 楽天市場の海外販売に対応する加盟店にとっては、全世界で3億人を超えるPayPalユーザーをターゲットにビジネス展開ができる。

 PayPalは、楽天市場の加盟店が海外顧客の取り込みで売上増のチャンスがあるとする。同社が19年に実施した世界11カ国を対象にした「モバイルコマースに関するグローバル調査」によると、国内販売店の海外EC販売の売上構成比は全体の26%で、これは11カ国中で最も低い割合だったという。