NTTドコモのポイントサービス「dポイントカード」がApple Payに対応した。iPhoneのWalletアプリに設定することで、スマートフォン(スマホ)をタッチするだけでdポイントカードが使えるようになる。現段階で対応している店舗は、全国のローソン(ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100)のみ。ほかの店舗では、dポイントカードやdポイントクラブアプリを使う必要がある。

「dポイントカード」がApple Payに対応した

 Walletアプリにdポイントカードを登録する手順は次の通り。まず、カードと連携するdポイントクラブアプリで「Apple Walletにdポイントカードを設定」をタップ。次に、Apple Walletで「認証してApple Payにdポイントカードを設定」を選択し、dアカウントのIDを入力または発行する。その後、「Apple walletに設定」をタップして、右上の「次へ」に進み、「自動で選択」にチェックをした状態で「完了」を押す。

 登録が完了したら、店舗で「ポイントカードはお持ちですか」と聞かれた際に「iPhoneで」と伝え、電子決済端末が光ってからiPhone上部をしっかりタッチすると、ポイントをためたり、使ったりできる。なお、Face IDやTouch IDでの認証は毎回要求される。また、複数のポイントカードがApple Walletに設定されている場合は、使用するポイントサービスの選択が必要になることがある。

 Apple Payで決済も同時に済ませる場合は、「Apple Payで」と伝えなければならない。「iDで」「Suicaで」「QUICPayで」「クレジットで」などと伝えた場合は、dポイントカードは同時に読み込まれないという。
 
全国のローソンとナチュラルローソンで「Apple Pay」限定の
dポイント7倍キャンペーンを実施する

 dポイントカードのApple Pay対応にあわせて、キャンペーンも実施する。対象店舗は、全国のローソンとナチュラルローソン。4月17日までは、「Apple Pay」でdポイントカードの読み取りと支払いを同時に済ませると、還元ポイントが7倍(会計金額の7%相当)になる。還元上限は設けられていないが、還元されるdポイントは期間・用途限定だ。