• ホーム
  • トレンド
  • 「相鉄線アプリ」から新規定期券の予約が可能に、購入は自動券売機

「相鉄線アプリ」から新規定期券の予約が可能に、購入は自動券売機

販売戦略

2020/02/12 07:30

 相模鉄道と相鉄バスは、スマートフォンアプリ「相鉄線アプリ」で新規定期券の購入予約が可能な定期券予約サービス「定期券QR予約システム」の提供を3月に開始する。

「定期券QR予約システム」で予約した定期券はQRコード読み取り部を備えた自動券売機で購入できる

 定期券QR予約システムは、相鉄線アプリ上で新規定期券の購入予約を行って最寄り駅の自動券売機で簡単に購入可能なサービス。定期券販売所(横浜・二俣川・三ツ境・大和・海老名の各駅)に出向くことなく、スムーズに定期券が買える。また、相鉄バスの「ICトクトクていき(記名式金額式定期券)」も、相鉄線各駅の自動券売機で購入できる。

 購入にあたって、相鉄線アプリから定期券情報(通勤/通学、区間、経路、期間など)とユーザー情報の入力後に暗証番号を設定するとQRコードが表示される。相鉄線全26駅の自動券売機で、QRコード読み取り部にQRコードをかざすと、予約内容が表示されるので、確認後に暗証番号を入力して現金またはクレジットカードで購入する。
 
「定期券QR予約システム」による購入までの流れ

オススメの記事