2020年1月14日、マイクロソフトが提供するOS「Windows 7」の延長サポートが終了する。サポートが終了したからといって、Windows 7が使えなくなるわけではないが、具体的にはどのようになるのだろうか。

Windows 7の延長サポート終了を告知するマイクロソフトの特設ページ

 Windows 7の延長サポートが終了すると、まずシステムの不具合やウイルスなどの攻撃に対する弱さが見つかっても、対処されなくなる。延長サポート期間中はセキュリテイの更新が配信されていたが、こうした更新がなくなるのだ。

 ウイルス攻撃は日々進化しているので、Windows 7のまま使い続けていれば、ウイルスの感染や個人情報の漏えいなど、セキュリテイに対するリスクは当然、高まる。

 また、問い合わせサポートなども対応されなくなる。少しでもPCを使いこなそうと、日々、サポートに問い合わせていたのであれば注意が必要だ。OSのサポート終了とあわせて、各アプリケーションの機能更新やサポート対応も受けられなくなる可能性もある。
 
家電量販店の売り場でもWindows 7のサポート終了への対策としてPCの買い替えを促している
(写真はビックカメラ有楽町店)

 「インターネットに接続しないから大丈夫」と、考えている人もいるかもしれない。確かに、インターネット経由のリスクは避けることができるが、ローカル環境にもリスクが潜んでいる点には注意したい。ほかのPCに接続したことがあるUSBメモリや外付けHDD/SSDなどからウイルスに感染する場合があるからだ。

 最新OSで問題なく対処できたウイルスが、Windows 7では対処できない場合も考えられる。Windows 7のデバイスを使い続けるなら、安易に外部記憶デバイスを使用するのは控えた方がいいだろう。

 サポートが終了したWindows 7がインストールされているPCを使い続けるのは、リスクにさらされ続けることと同じといえる。被害に遭わないためには、なるべく早く、最新のOSに移行するのが大切になる。FMVサポートなどでも、Windows 7を使い続けるリスクを説明している。

 家電量販店のPCコーナーでは、買い替えキャンペーンを実施している。ある程度、安全なうちに最新OS環境へ移行するなら、今のうちかもしれない。(BCN・南雲 亮平)