Amazonは、2018年10月26日~19年10月25日の期間に視聴された「Amazon Prime Video」の映画・TV番組を集計した「Amazon Prime Video 2019 年間ランキング」を発表した。

Amazonが「Amazon Prime Video 2019 年間ランキング」を発表した
(c)2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会
(c)2019 YD Creation

 映画部門で最も多く視聴された作品は、『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命 -』。TV番組部門で最も視聴されたのは、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』だった。

 見放題作品部門は、最も視聴された作品をジャンルごと10部門に分けて発表。映画総合部門は、8月から独占配信された『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。アクション映画部門は、『ミッション:インポッシブル フォールアウト』。コメディー映画部門は、『サバイバルファミリー』。アニメ映画部門は、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。

 TV番組総合部門とAmazonオリジナルの日本制作番組部門は、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』。Amazonオリジナルの海外制作番組部門は、『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』。TVアニメ部門は、『ワンパンマン』。レンタル映画部門は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。レンタルTV番組部門は、『ウォーキング・デッド』だった。