NTTドコモは、これまでドコモショップで提供していた初期設定サポート内容を統一・メニュー化し、12月1日から、個人・法人とも、全国のドコモショップ店頭でドコモ端末を購入したユーザー以外は有料化する。

 初期設定サポートの内容は、OSアカウント(Apple ID/Googleアカウント)やdアカウントの設定、ドコモサービスの初期設定、データ移行。この変更にあわせ、来店予約が取りやすいよう予約の受け付け可能数を拡大し、同時に、来店予約に対応した店舗の数を10月末時点の1043店舗から、2020年3月末までに1500店舗に拡大する。

 なお、初期設定サポート有料化の対象は、家電量販店、携帯電話専門店の購入に加え、ドコモオンラインショップでの購入、「ケータイ補償サービス」による機種交換を含む。有料サポートの料金は1回あたり税別3000円で、携帯電話料金との合算払い。ドコモショップの来店予約は、ウェブサイトからのオンライン申込のほか、インフォメーションセンターや個々のドコモショップで受け付ける。
 
「初期設定サポート」の概要

ドコモショップで「有料プログラミング教室」開催へ

 このほか、顧客サービス拡充の一環として、2020年2月から好評の「ドコモスマホ教室」を拡充し、プログラミング教育サービス「embot」を使用した有料版プログラミング教室を展開する。21年3月末までに全国のドコモショップへ拡大予定。

 無料版1回、有料版6回の全7回のカリキュラムを通じて、プログラミング教育サービス「embot」を使って論理的思考力や問題解決力などのプログラミング的思考力を養う。有料版の参加費は1回あたり税別3000円。なお、有料版の受講にあたっては、別途「embot」の購入が必要。
 
「ドコモスマホ教室」のプログラミング教室で使用する
「embot」とプログラミング教室のカリキュラム

 また12月から、インターネット上でのトラブル予防に役立つ情報の提供や、トラブルに遭った際のサポートなどを総合的に行う「ネットトラブルあんしんサポート」の提供を開始する。税別月額料金は500円。
 
「ネットトラブルあんしんサポート」の
ロゴと画面イメージ

 インターネットトラブルに精通した専門スタッフや消費生活アドバイザーによる電話相談も提供。さらに、付帯保険(有料)として、キャッシュレス決済サービスにおける不正利用の被害を補償する「不正決済補償」を用意する。

 補償対象は、QRコード決済、クレジットカード決済、デビットカード決済、後払い方式電子マネー。申し込みは、ドコモ取扱店、「My docomo」、ドコモ インフォメーションセンターで受け付ける。