ECモール「楽天市場」に、一戸建て住宅を売るバーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」が出店した。MY HOME MARKETは日本ユニシスと、セミオーダー型の規格住宅を手がけるジブンハウスが共同開発したサービスで、幕張メッセで開催した「CEATEC 2019」にも出展していた、高精度なVRを活用した新ライフスタイルサービスだ。

家もスマホで買える 検討は事前にオンラインで

 セミオーダー型の規格住宅は、間取りから仕様まで、一から自由にカスタマイズする注文住宅に比べると選択の幅は小さいが、その分コストが低く抑えられ、打ち合わせの時間も最小限で済むといったメリットがある。2018年3月にサービスを開始したMY HOME MARKETでは現在、ハウスメーカー6社の商品を販売しており(エリア指定あり)、見慣れたUIの楽天市場から打ち合わせを申し込める。サイト上で見積もりシミュレーションも可能だ。
 
MY HOME MARKET 楽天市場店

 今回オープンした楽天市場内のMY HOME MARKETから打ち合わせを申し込み、実際に購入すると、物件引き渡しから約1カ月後に購入した住宅の金額に応じた楽天スーパーポイントがもらえる。付与率は建物本体価格(税込)の1%で、上限付与数は99万9999ポイント。さらに、第1回キャンペーンとして、19年10月16日~11月18日の期間中にエントリーし、20年10月15日までに住宅の引き渡しが完了した先着20名の楽天会員に、楽天スーパーポイント5万ポイントをプレゼントする。
 
第1回「住宅購入ポイントバックキャンペーン」を実施中
(エントリーは11月18日まで)

住宅ローンもポイントプレゼントが盛ん ただし適用条件に要注意

 商談申込でポイントやデジタルギフトがもらえるキャンペーンは目新しくないが、購入金額によって付与されるポイント数が変動し、それも還元率1%という高還元となると、楽天×MY HOME MARKETはかなりインパクトがある。例えば、建物本体価格が1500万円の場合、15万ポイント付与され、買い物の支払いから投資信託の購入まで幅広く使えるので、実質、15万円の値引きに相当する。
 
見慣れた楽天市場のインターフェイスで住宅商品が並ぶ

 住宅購入につきものの住宅ローンに関しても、今やポイントプレゼントやポイント還元は珍しくない。例えば、現在、住宅ローンとして「フラット35」と「変動金利(固定特約付き)」を提供している楽天銀行は「エントリー&住宅ローンの新規お借入でもれなく10,000ポイントプレゼント」キャンペーンを実施中。申込人が主債務者となり、四つの条件を全て満たせばもれなく楽天スーパーポイント1万ポイントがもらえる。

 楽天カード会員向けには、事前エントリーのうえ、指定の借入期間に楽天銀行で住宅ローン借入を完了すると、楽天カード請求金額からもれなく最大2万円まで、住宅ローン返済用口座へ入金するかたちでキャッシュバックするキャンペーンも実施している。常設企画となり、こちらは借り換えも対象。
 
2019年8月1日から実施している楽天銀行のキャンペーン

 別の例を挙げると、りそな銀行・埼玉りそな銀行は、「マイホームマイバンクプラン」として、新規借り入れまたは借り換えで、一定期間内に三つの条件を満たすと、ANA/JALのマイルやdポイント、au WALLETポイント、LINEポイント、ヨドバシゴールドポイントなどに交換できる独自のりそなクラブポイント1万ポイントをプレゼントする。利子総額や事務手数料を考えると還元額はごくわずかだが、申し込みにあたりお得感があり、その差で競っている状況だ。
 
ほかにもさまざまな銀行が住宅ローン契約者向けの特典を用意している

 消費増税対策として、10月1日に「次世代住宅ポイント」制度がスタート。20年3月までに申請すると、新築物件は1ポイント1円相当で最大35万ポイント、リフォームは指定の条件を全て満たすと最大60万ポイントもらえる(予算に達し次第、終了)。発行された次世代住宅ポイントはPC、家電、インテリア、食料品・飲料、ベビー・キッズ用品など、幅広い交換商品と交換が可能。家購入とポイントは切っても切れない関係になりつつある。(BCN・嵯峨野 芙美)