PayPayは9月19日、愛知県西尾市をキャッシュレス決済の推進で連携協定を締結したと発表した。PayPayが自治体ぐるみで連携するのは初めて。


 PayPayは、西尾市と連携して市内全域での啓蒙活動や勧誘、説明などを通じて事業者や商店会事業協同組合などへキャッシュレス決済の導入を図る。独自のキャンペーンも実施する。

 キャッシュレス化の普及では、中小規模の小売店ごとに営業をかけていく効率の悪さが課題になっている。既に、自治体や地域を巻き込んだスマートフォン決済事業者の取り組みはあるが、PayPayでも西尾市の事例をきっかけに、中小小売店の開拓に本腰を入れるとみられる。