矢野経済研究所は、国内ポイントサービス(ポイント発行額ベース)市場を調査した。2020年度に2兆円を超えるという。

ポイントサービス国内市場規模推移と予測

 18年度は、1兆8930億円と推計。ハウスポイント発行の広まりに加え、複数の共通ポイントを導入する事業者の増加に伴って、1社で数種類のポイントを発行するマルチポイント化が進んで、今後、ポイント発行額は拡大していくという。矢野経済研究所では、19年度の市場規模として1兆9958億円になると予測している。

 将来的には、20年度に2兆1064億円と2兆円を超え、23年度に2兆4332億円と予測。矢野経済研究所では、ハウスポイント発行の広まりに加え、複数の共通ポイントを導入する事業者の増加に伴って、引き続き市場が拡大していくことを見通している。