BCNは7月16日、デジタル家電の実売データを集計する「BCNランキング」に基づき、主要な117のカテゴリ(ハードウェア85、ソフトウェア32)について、2019年上半期(1月-6月)に最も販売数が多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。

伸び率ダントツはデジタルチューナー 新4K8K衛星放送スタートを受け

 今回集計した全117カテゴリでみた実売状況によると、2019年上半期のデジタル家電市場は、販売数は前年同期比101.9%と微増にとどまったものの、販売金額は104.3%と伸びており、昨年からの全体的な単価上昇が依然継続していることが明らかになった。

 カテゴリ別にみると、販売数で47カテゴリ、販売金額で56カテゴリが前年実績を上回った。主要カテゴリの中で最も伸び率が大きかったのはデジタルチューナーで、18年12月に始まった新4K8K衛星放送が後押し、販売金額は前年比432.2%、販売数でも318.8%を記録した。有機ELテレビも販売数で216.8%、販売金額で171.7%と大きく成長した。

 前年からトップが交代したカテゴリのうち、注目すべきはVR・ARゴーグル。ソニー・インタラクティブエンタテインメントが3位に後退し、代わってオールインワン型ゴーグル「Oculus Quest」を投入したFacebook Technologiesがシェア32.0%でトップを獲得した。魅力のある海外メーカーの新製品の登場で、VR・ARゴーグル市場の活性化が期待される。
 
 

 ソフトウェアでは、PCゲームソフト部門で、19.8%を獲得した日本マイクロソフトがトップに立った。