エディオンは7月4日、物流施設の賃貸や不動産開発などを手掛けるシーアールイーとビッグデータを活用した次世代物流インフラプラットフォームの構築で同日付で業務提携を行うことに基本合意したと発表した。

物流インフラプラットフォームの構想

 基本合意に至った背景は、物流費の高騰や人材不足が経営の課題となる中、5Gなどの通信やネットワーク技術を活用することで、新たな物流プラットフォームの必要性を検討する中で、シーアールイーの物流不動産業の強みや、「はぴロジ」などの物流支援ソリューションのノウハウを活用することで、これまでにない物流インフラプラットフォームの構築ができるとの認識が一致したため。

 今後は、共同出資による合弁会社の設立を検討。倉庫や在庫、宅配、運送などの物流環境をビッグデータの連携基盤として活用しながら、拠点間をデータで管理・連携して、さまざまな業種や業界で活用できるオープンイノベーション型の物流インフラプラットフォームの構築を目指すという。