auユーザーを対象に4月9日からスタートしたスマートフォン(スマホ)決済サービスの「au PAY」は、開始初日からコンビニエンスストアや家電量販店、ドラッグストア、居酒屋など一気に53社で使えるようになった。さっそくBCNの編集部でも、auユーザーの記者が、4日の発表から待ち望んでいた「au WALLET アプリ」を、9日の10時頃に更新した。無事にコード決済にau PAYが追加されたのを確認すると嬉しさのあまり、さっそく使ってみようとコンビニに行こうとしたのだが、ふと立ち止まった。4月15日から使った方がおトクなことに気づいたからだ。

au PAYを使おうと思ったら、残高が398円しかなかった!

 au PAYで決済するには、もともとあるau WALLETの残高から支払うか、残高が少なかったら、独自のポイントである「au WALLET ポイント」やクレジットカード、現金などでチャージして残高を増やす必要がある。記者は残念ながら「au WALLET 残高」に398円しかなく、au PAYで決済するには心もとない。かといって、クレジットカードの登録や現金チャージは手間に感じる。そのうえ、どうせなら使っていないポイントからチャージしたかったという。

 しかし、15日からスタートする「au WALLET ポイント つかえる!たまる!キャンペーン」まで待てば、ポイントからチャージするだけで10%増額になる。ポイントそのものに付加価値がつく、KDDIならではのサービスだ。

 現在、記者のau WALLET ポイントは3053ポイントあるので、15日にチャージすれば305円分が加算される。au WALLET ポイントが多ければ多いユーザーほど、10%増額で受けられる恩恵は大きく、無視できない。
 
au WALLET ポイントの3053ポイントは15日まで「おあずけ」

 このように、15日まで「おあずけ」の中途半端な状態になりながら、待ちわびているauユーザーは多いのではないだろうか。

 だが、いざ15日にキャンペーンがスタートしたらしたで、今度はハラハラしそうだ。10%増額キャンペーンは、チャージ総額が100億円に達したら終了するし、期間は4月30日20時までという時限が設けられているからだ。
 
10%増額キャンペーンの詳細はスクロールすると表示される

 auユーザーのスマホの中に使われないまま埋蔵しているau WALLET ポイントは1000億円超あるという。金額にして1割のポイントがau WALLET残高に一斉にチャージされたら、その時点でキャンペーンは終了する。BCNの記者は、15日のキャンペーン初日に、ポイントをすべてチャージ残高に移行する予定だ。