コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)市場は、4位以下の第2グループが激しく競い合っている。「BCNランキング」によると、2月19日~25日で売れた上位3機種は前週と変わらなかったが、4位は前週5位だったニコンの「COOLPIX A100 レッド」がランクアップ。厚さ約19.8mmで重量約119gの薄型軽量ボディ、2005万画素の高画質、光学5倍ズームを搭載している点などが評価されたようだ。5位のキヤノンの「IXY 650 シルバー」は前週から一つ順位を上げている。なお、1位は前週同様「COOLPIX A100 シルバー」がキープしている。


ニコンの「COOLPIX A100 レッド」


2018年2月19日~25日のコンパクトデジタルカメラ販売台数ランキング(1位~5位)

 6位以下も競争が激化している。前週9位だったニコンの「COOLPIX A300 シルバー」が6位、また、前週10位だったリコーイメージングの「RICOH WG-50 ブラック」が9位に浮上した。RICOH WG-50は、防水・耐寒の「タフコンデジ」として受けているようだ。
 

2018年2月19日~25日のコンパクトデジタルカメラ販売台数ランキング(6位~10位)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。