• ホーム
  • 業界動向
  • <特集>ヨドバシカメラの販売員が説明する「ステップアップの近道は体験」

<特集>ヨドバシカメラの販売員が説明する「ステップアップの近道は体験」

売るヒント

2016/12/14 09:00

 電気シェーバー売り場で悩む消費者に、どう対応すればいいのか。ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの理美容専門チーム プロダクトスペシャリストの関東嗣朗グループリーダーは、「ステップアップの近道は体験」と話す。


ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの理美容専門チーム
プロダクトスペシャリストの関東嗣朗グループリーダー

 関東グループリーダーは「電気シェーバーを選ぶ上で重要なのは、いかに髭質に合った製品を選ぶかだ」と話す。同じように生えているように見えても、髭のクセは人それぞれ。同じ製品を使っても、人によって剃り味は異なるのだ。
 

体験イベントコーナーを紹介する関東グループリーダー

 一般的に電気シェーバーは、価格が上がるにつれて刃と肌の密着度が上がり、剃り上がりのツルツル感が増す。フラッグシップモデルになれば、クセのある髭もきれいに剃ることができる。

 そのため、「機種ごとの違いを実感してもらうことは非常に大事」と関東グループリーダーは強調する。体験イベントで各機種を比べてもらうと、約2万円の製品を検討していた消費者が、場合によっては約5万円のフラッグシップモデルを購入することもあるという。

 関東グループリーダーは「シェーバーはほぼ毎日使う製品なので、しっかりお客さんの納得が得られれば、上位機種への買い替えは期待しやすい」と語る。

オススメの記事