• ホーム
  • トレンド
  • <提案力を磨くSales Hints>三菱 冷蔵庫(後編) 主婦の心をつかむ、接客に役立つ冷凍術

<提案力を磨くSales Hints>三菱 冷蔵庫(後編) 主婦の心をつかむ、接客に役立つ冷凍術

売るヒント

2016/07/22 18:00

 忙しい毎日の手助けをしてくれる時短家電。三菱電機の冷蔵庫「置けるスマート大容量」シリーズはまさにそんな時短家電だと営業部冷蔵庫営業課の橋本昌典氏は語る。顧客への提案トークで使える、時短術の一例を見てみよう。

<提案力を磨くSales Hints>Case Stuby(5)
三菱電機 置けるスマート大容量 WXシリーズ

 ドリップの流出を抑制しながらおいしく解凍できる「氷点下ストッカーD」や、細胞破壊を抑え、食感やうまみ成分を維持できる「切れちゃう瞬冷凍」機能を搭載。おいしさをキープしながら食材を調理しやすい状態で保存する冷凍機能で、炊事、買い物の手間をぐっと減らす。
 

 

 

「一日のうち炊事や買い物に費やす時間は長い。冷蔵庫をうまく活用すると時短につながる」と説明する、三菱電機の橋本氏

 つくると手間のかかるミートソースやホワイトソースは、一度に大量に使うことはあまりない。そのため、余った分は冷凍して保存している人がほとんどだろう。

 三菱の「切れちゃう瞬冷凍」は、通常冷凍だと約-18℃のところ、約-7℃で凍らせるので、固くならない。ソース類はタッパーなどに入れ、使う分だけスプーンですくって使うことができる。時間のあるときにホワイトソースをまとめてつくり、その後グラタンやシチューなど使いたい時に使いたい分だけ切り分ければ食材を無駄なく使え、手間も軽減できる。

 また大量につくったきんぴらごぼうを「切れちゃう瞬冷凍」に保存。使う分だけ簡単につまみ出せるので、例えば、凍ったままお弁当に入れれば、昼食時には自然解凍され、そのまま食べることができる。忙しい朝のお弁当づくりの時間を短縮できる。鍋やフライパンを使わないので、大物調理器具の洗い物の手間も省ける点をアピールすると忙しい女性客に響くだろう。(BCN・山下彰子)

オススメの記事