• ホーム
  • 業界動向
  • 時間を気にせずたっぷり残す新・録画スタイル マクセル iV(アイヴィ)レコーダー

時間を気にせずたっぷり残す新・録画スタイル マクセル iV(アイヴィ)レコーダー

PR

2010/06/01 09:30

 カセットタイプのハードディスクを無限に増やすことができ、容量を気にせずにどんどん録画できる新スタイルのレコーダーが「iVレコーダー」だ。ビデオテープ感覚で、使い方は簡単。ハイビジョンで放映する長時間のスポーツ中継や映画を思う存分残すのにオススメの一台だ。

-PR-


容量無制限! 「iV」で広がる録画生活



 「iVレコーダー」は、簡単に長時間録画できる新発想のハイビジョンレコーダーだ。カセットタイプのハードディスク「iV」を追加することで、いくらでも容量を増やすことができる。新たに大容量500GBの「iV」も登場し、長時間のスポーツ中継や映画も時間を気にせず、気軽に録画できるのがうれしい。

 「iV」は、ビデオテープ感覚で入れ替えできるので、家族一人ひとりのお気に入りライブラリ作りに最適だ。地デジはもちろんのこと、BS110度CSのデジタルチューナーを内蔵し、インターネットの映像サービス「アクトビラ ビデオ・フル」にも対応。録画対応のチューナーとしても使え、アナログテレビでデジタル放送が視聴できる。

 「iVポケット」を装備した日立のプラズマ/液晶テレビ「Wooo」と組み合わせれば、録画した番組を持ち出して相互に楽しめる。また、HDMI端子を備えたPCモニタに接続すれば、安価に録画対応ハイビジョンテレビを構成できる。簡単・便利な「iVレコーダー」で、新しいハイビジョンライフをエンジョイしよう。

スポーツも映画もおまかせ! iVレコーダーのメリット



コンパクトでどこでも置ける


 重さ約800g、手のひらサイズのコンパクトボディで、縦置き・横置きも可能。あらゆるテレビに接続でき、デジタルチューナーとしても使える。

増やせるカセットハードディスク


 iVDR規格に準拠したカセットハードディスク「iV」。容量は500GB、250GB、160GB。500GBなら地デジ番組をハイビジョン画質で最長約63時間録画できる。

EPGで簡単録画


 シンプルで使いやすいリモコンを採用。電子番組表(EPG)の表示や録画、再生、停止、早送りなどの操作が簡単だ。録画の予約は最大で24件まで登録できる。


製品紹介



iVレコーダー「VDR-R1000」
豊富な出力端子で、最新機種はもちろんアナログテレビにも接続OK。LAN 端子を備え、インターネット経由でコンテンツを楽しめる「アクトビラ」に対応する。

●記録メディア:iVDR-S ●録画画質:TS「HD」ハイビジョン画質/TS「SD」標準画質 ●デジタルチューナー:地上/BS/110度CS ●出力端子:HDMI/コンポジット映像端子/アナログ音声出力 ●サイズ:230(W)×170(D)×41(H)mm ●質量:約800g


どこでも楽しめる再生専用機 iVマルチプレーヤー「VDR-P100」
どのテレビにも簡単に接続できる再生専用機。重さ約420g のコンパクトボディで持ち運びも簡単。出力にHDMI 端子、D端子、Sビデオ端子、光デジタル音声端子を備える。

●「BCNランキング」マガジンとは
 当サイトと連動し、全国の家電量販店/PC専門店で配布しているフリーマガジン。最新デジタル製品の紹介やレビュー、賢い使い方などを掲載し、読者のデジタル生活を応援しています。 配布店舗はこちら

オススメの記事