例年3月は年度末商戦や新生活需要によって、デジタル家電市場は盛り上がる。しかし2020年3月は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出の自粛、食料やマスクなど急を要する生活必需品の需要増により、デジタル家電市場では、例年とは異なる動きがあらわれていることが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」で明らかとなった。


 年度末となる3月は一年で最も需要が高くなるICレコーダー市場だが、20年3月は低調に終わった(図1)。もともと18年3月以降、販売台数指数は右肩下がりで推移しており、以前から市場が縮小していたことは否めない。19年3月には販売台数指数が94.7に達し、18年の水準には及ばないものの、季節変動らしい動きをみせた。また消費増税前の駆け込み需要にあたる19年9月に76.9を記録。20年3月の販売台数指数は60.5と起点となる2年前の6割にしか達せず、日数的にも少ない2月を下回る水準となった。

 4月に入り緊急事態宣言が発令になり、より厳しい外出自粛や家電量販店の営業時間短縮など逆風が吹き荒れている。その上、休校や新社会人の自宅待機措置なども、今後のICレコーダー市場動向に大きな影響を及ぼすと考えられる。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

サンプルデータ 無料ダウンロード

この記事で使われたデータのサンプルをダウンロード可能です。 下記のデータをご覧いただけます。

  • ICレコーダー販売台数指数
  • ICレコーダーメーカー別販売台数シェア
  • ICレコーダー機種別ランキング

※ダウンロードには登録が必要です。