• ホーム
  • 調査・市場分析
  • 機種別ではAMDが首位を守るも、メーカー別ではインテルが逆転<週間CPU売れ筋ランキング> 2019/11/16

機種別ではAMDが首位を守るも、メーカー別ではインテルが逆転<週間CPU売れ筋ランキング> 2019/11/16

実売データ

2019/11/16 17:10

 「BCNランキング」2019年11月04日から10日の日次集計データによると、CPUの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 ↑(前週2位)Ryzen 5 3600(3.6GHz)
AMD

2位 ↑(前週5位)Core i7-9700K(3.6GHz)
BX80684I79700K(インテル

3位 →(前週3位)Core i5-9400F(2.9GHz)
BX80684I59400F(インテル)

4位 →(前週4位)Ryzen 7 3700X(3.6GHz)
AMD)

5位 ↓(前週1位)Ryzen 5 2600(3.4GHz)
(AMD)

5位 ↑(前週7位)Core i5-9400(2.9GHz)
BX80684I59400(インテル)

7位 ↓(前週6位)Core i9-9900KS(4.0GHz)
BX80684I99900KS(インテル)

8位 →(前週8位)Core i9-9900K(3.6GHz)
BX80684I99900K(インテル)

9位 ↑(前週13位)Core i7-9700(3.0GHz)
BX80684I79700(インテル)

10位 ↓(前週9位)Ryzen 3 3200G(3.6GHz) with Radeon Vega 8 Graphics
(AMD)
 
Ryzen 5 3600

機種別では今年7月に発売された「Ryzen 5 3600」が首位を獲得したが、一方でメーカー別でみるとAMDはインテルに逆転を許している。
 

9/9週以降、AMDとインテルは0.1~3ポイント程度の僅差で競っていたが、11/4週はインテルが57.5%、AMDが42.5%となり、やや大きく差が開いた。


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。


 

オススメの記事