HDDに比べて処理速度が格段に速いSSD。選ぶ基準はさまざまだが、売れ筋ランキングを一つの指標にしてみてはいかがだろうか。「BCNランキング」日次集計データによると、2019年1月~3月のSSDの実売台数ランキングと販売台数シェアは以下の通りとなった。
 

1位 Crucial MX500 SSD 500GB CT500MX500SSD1(Micron Technology)10.9%
2位 SSD 860 EVO 500GB MZ-76E500B(SAMSUNG) 8.9%
3位 WD BLUE 3D NAND SATA SSD 500GB WDS500G2B0A(WesternDigital) 3.5%
4位 Crucial MX500 SSD 1TB CT1000MX500SSD1(Micron Technology) 2.7%
5位 SSD-PLU3 480GB SSD-PL480U3-BK(バッファロー) 2.6%
6位 Ultra 3D SSD 500GB SDSSDH3-500G-J25(SanDisk) 2.3%
7位 SSD220 240GB TS240GSSD220S(トランセンドジャパン) 2.1%
8位 Ace A55 512GB SP512GBSS3A55S25(Silicon Power) 2.1%
9位 SSD 860 EVO 1TB MZ-76E1T0B(SAMSUNG) 2.0%
10位 Crucial MX500 SSD 250GB CT250MX500SSD1(Micron Technology) 1.7%
 
Crucial MX500 SSD 500GB CT500MX500SSD1

 1位のMicron Technology「Crucial MX500 SSD 500GB CT500MX500SSD1」は、シーケンシャル読み込み速度は最大560MB/秒、同じく書き込み速度は最大510MB/秒。写真や音楽、動画に迅速にアクセスして安全に保存することができる。


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。