EV向け充電器「ACスマートチャージャー」、全国のヤマダデンキで販売開始

 ヤマダデンキは7月11日に、NHPソリューションのEVおよびPHV車向けAC充電器「ACスマートチャージャー」(NKR-ACNH1)の販売を、家電量販店としてははじめて全国の「ヤマダデンキ」店舗(一部を除く)にて開始した。価格は21万8000円から。

ACスマートチャージャー」の使用イメージ

家電量販店初! 一般的な普通充電器の約2倍の出力

 NHPソリューションの「ACスマートチャージャー」は、一般的な充電器と比較して約2倍の出力を実現しており、充電時間を大幅に短縮できる。また、重さは3kgと軽量で、設置場所を選ばず利用可能となっている。
 
場所を選ばず設置・利用できる

 シンプルな本体で出力6kWを実現しており、動作状況はランプの色でわかる。
 
充電の開始には専用RF-IDカードによる認証が必要

 専用のRF-IDカードを利用した非接触IDでの認証によって充電が開始されるため、外出時や長期の不在時などでの「盗電」を防げる。
 
専用スマホアプリは充電操作や
CO2削減量のチェックなどが可能

 スマートフォン向けの専用アプリ「HomeCharger」と連携することで、充電の開始/停止、充電時間のスケジュール設定ができる。また、充電時間の履歴確認やCO2削減量のチェックも可能で、環境問題を意識しつつ使える。
ギャラリーページ