• ホーム
  • ライフスタイル
  • コロナ禍で「インフルエンザや風邪をひかなくなった」と6割実感 今年の同時流行の対策ヒント

コロナ禍で「インフルエンザや風邪をひかなくなった」と6割実感 今年の同時流行の対策ヒント

ヘルスケア

2022/10/30 19:00

 積水ハウスは10月27日に、全国の20~60代の男女対象に実施した、「自宅における感染症・風邪の予防意識・行動に関する調査(2022年)」と「小さな暮らしアンケート~マスク編~(2022年)」の結果を発表した。「自宅における感染症・風邪の予防意識・行動に関する調査(2022年)」は、8月19日~22日の期間に573名に対して、「小さな暮らしアンケート~マスク編~(2022年)」は6月15日に651名に対して行われている。

自宅における感染症や風邪予防に対する意識、新型コロナ禍初期に大きく高まる

 「自宅における感染症・風邪の予防意識・行動に関する調査(2022年)」では、調査対象者に新型コロナ禍前から新型コロナ禍初期、現在に至るまでの自宅における感染症・風邪の予防に対する意識を尋ねたところ、新型コロナ禍初期での「感染症・風邪の予防を意識している」(84.9%)が、新型コロナ禍初期(53.4%)から大きく増加した。現在も、87.8%とほぼ同レベルにある。
 
新型コロナ禍でインフルエンザや風邪をひかなくなったと感じる人が増加

 新型コロナ禍前と比較して、インフルエンザや風邪をひかなくなったと「思う」または「やや思う」と答えた人は63.8%に達しており、とりわけ新型コロナ禍で在宅勤務が増加している人では78.5%を占めた。
 
新型コロナ禍以降、帰宅後にまず洗面所に行く人が増加

 外出から帰宅後に、まず室内のどこに行くかを尋ねた質問では、新型コロナ禍前も現在も「洗面所」がもっとも多く、現在(60.0%)は新型コロナ禍前(48.0%)よりも増加している。
 
新型コロナ禍で感染症や風邪予防のための「帰宅した際、
家の中のどこも触らずにまず手を洗う」が増加

 新型コロナ禍で行うようになった、感染症・風邪の予防策としては(複数回答)、「帰宅した際、家の中のどこも触らずにまず手を洗う」(25.3%)が新型コロナ禍前(9.9%)よりも15.4ポイント、「帰宅した際、玄関で除菌や消毒をする」(18.7%)が新型コロナ禍前(6.5%)よりも12.2ポイント増加した。今後、実施したいと思う感染症・風邪の予防策としては(複数回答)、「帰宅した際、家の中のどこも触らずにまず手を洗う」「帰宅した際、玄関で除菌や消毒をする」が新型コロナ禍前よりも大きく増加したほか、「運動をする」も大幅に増えている。
 
「家族や友人と一緒にいる時」や「家族の誰かの体調がよくない時」には
在宅時でもマスクをつける人が多い

 在宅時でもマスクをつけることが多いシーンを尋ねたところ(複数回答)、「家族や友人と一緒にいる時」や「家族の誰かの体調がよくない時」が、新型コロナ禍前よりも増加した。
 
家庭での感染予防対策では夫婦での温度差も

 今後実施したいと思う感染予防対策を夫と妻それぞれでみると、妻は全体的にさまざまな項目で高く、夫婦によって温度差がみられる。
 
6割超の妻が家族への感染の不安から玄関での除菌・消毒を行っている一方、
2割の夫が「家族に言われたからと回答

 玄関で除菌や消毒をする家庭の夫婦に、除菌や消毒を行う理由を尋ねた質問では(複数回答)、妻の64.6%が「家族への感染が不安だから」と答えている一方で、夫による「家族にするように言われているから」が20.0%に達している。
 
半数超の人が使い捨てマスクを複数回使用、
使い捨てマスクを捨てる場所・仮置きする場所どちらも「リビング」が最多に

 「小さな暮らしアンケート~マスク編~(2022年)」では、調査対象者に使い捨てマスクを複数回使用することがあるかを尋ねており、半数超が「複数回使うことがある」と回答した。また、帰宅後に使い捨てマスクを捨てる場所、帰宅後に使い捨てマスクを仮置きする場所ともに、「リビング」がもっとも多い。
 
積水ハウスが提案する感染症・風邪予防のための四つの「幸せTips」

 これらの調査結果を受けて、積水ハウスは感染症・風邪を予防するための四つの「幸せTips」として、

(1)玄関での除菌・消毒でウイルス・菌をガード
(2)おでかけに欠かせないマスクにおける習慣
(3)こまめな共用部の除菌・消毒
(4)室内換気でウイルス・菌を溜めない

を提案している。

オススメの記事