• ホーム
  • ライフスタイル
  • タイガー魔法瓶、本体外側も抗菌加工&ワンプッシュで自動ロックの「真空断熱ボトル」

タイガー魔法瓶、本体外側も抗菌加工&ワンプッシュで自動ロックの「真空断熱ボトル」

新製品

2022/09/10 08:30

 タイガー魔法瓶は9月21日に、真空断熱ボトルの新製品として、「MCT-K035」(実容量0.35L)、「MCT-K050」(実容量0.5L)、「MCT-K060」(実容量0.6L)の3製品を発売する。カラーは、スノードロップ、ストーンブラック、ライラックの3色で、「MCT-K050」のみマリンブルーを加えた4色となる。価格は、「MCT-K035」が6050円、「MCT-K050」が6600円、「MCT-K060」が7150円。

MCT-K035/K050/K060

 「MCT-K035」「MCT-K050」「MCT-K060」いずれも、タイガー魔法瓶としてははじめて、本体外側にも抗菌加工を施しており、せんと本体外側、ボトル内面に「スーパークリーンPlus」加工を採用した、同社独自の衛生仕様である「BioGuard +」シリーズとなる。

 本体外側には、細菌の増殖を抑える「抗菌性」、独自の安全基準を満たす「安全性」、抗菌についての「適切な表示」の三つの基準を満たす、SIAA認証・抗菌加工を施している。また、ボトル内面には環境負荷の高いフッ素コートを使わず、同等レベルの防染を独自の電解研磨技術「スーパークリーンPlus」加工によって実現しており、なめらかで光沢のある加工で汚れやにおいがつきにくく、さっと洗うだけで清潔さを保てる。なお、スポーツドリンクにも対応している。
 
ワンプッシュオープン式のふたを採用

 ふたは、片手で簡単に開けられるワンプッシュオープンで、ふたを閉めれば自動でロックされるので、閉め忘れがなく、バッグの中で自然にふたが開いて飲み物がこぼれる心配もない。

 そのほか、底部分は樹脂製なのでデスクやテーブルに静かに置ける設計で、独自のスピニング加工によって極限まで内びんの素材を薄く加工し、軽量化を実現した。さらに、ステンレス製真空2重構造によって高い保温・保冷力を実現し、約6時間経っても温かい飲み物は温かいまま、冷たい飲み物は冷たいまま、飲みごろの温度を長時間キープする。冷たい飲み物によってボトルの外側が結露したり、熱い飲み物でボトルが熱くて持てなくなったりすることもない。
 
「MCT-K035」と「MCT-K060」は3色、
「MCT-K050」は4色のカラーバリエーションを用意

 「MCT-K035」は、サイズが幅6.6×高さ18.0×奥行き7.0cmで、重さは約170g。「MCT-K050」は、サイズが幅6.6×高さ23.1×奥行き7.0cmで、重さは約210g。「MCT-K060」は、サイズが幅7.0×高さ24.6×奥行き7.4cmで、重さは約230g。

オススメの記事