100円ショップを徹底調査! 子どもが喜ぶ夏遊びグッズ/ベスト5

レビュー

2022/08/09 12:30

 今年の夏は感染対策に気を付けながらも、外で思いっきり子どもを遊ばせたいと思っている人も多いのではないだろうか。子どもにとってたくさんの楽しい思い出をつくる絶好のチャンスと言える。DAISOやSeria、キャンドゥの100円ショップで揃えられる、子どもと一緒に盛り上がれる夏遊びグッズを紹介しよう。

DAISOのむしめがね(110円)(筆者撮影)

1.DAISO-むしめがね-

 好奇心旺盛な子どもにぴったりな「むしめがね」。虫や花などの自然観察が好きな子どもにとって、むしめがねは好奇心をくすぐるアイテムのひとつである。

 小さな子どもの手に収まるサイズのむしめがねは持ち運びやすく、カバンにポイッと入れておけるのもうれしい。
 
子どもの手のひらにちょうどいいサイズ感(筆者撮影)

 子どもとの散歩は時間がかかる。なぜなら気になったものに気を取られて立ち止まることが多いからだ。

 小さなアリやダンゴムシにミミズ、ちょっと変わった葉っぱの形や見たことのない花、いつも見ているハトにさえ大興奮することもある。たったちょっとの距離を歩くだけでも、子どもにとって小さな発見がいっぱいあるのだ。

 そんな時、このむしめがねで観察してみてはいかがだろう。いつもの散歩が子どもの探究心を育んでくれるだろう。
 
種もみの観察。左:そのまま見た様子 右:むしめがねを使用(筆者撮影)

 DAISOのむしめがねの拡大率は約2倍なのだが、それでも子どもは大きく見えることにとても珍しそうにしていて、いろいろなものを観察している。
 
パッケージを開くとちょっとした図鑑になっている(筆者撮影)

 子どものお散歩グッズは、公園に忘れたり、なくしたりすることもしょっちゅう。手軽な100円グッズは、散歩やハイキングなどに持っていくのにも便利だ。

DAISOは虫関連グッズも豊富

エサ置き台もDAISOで手に入るもののひとつ(画像はイメージ)

 DAISOでは、毎年「虫かご」や「虫とり網」、カブトムシなどの昆虫飼育のエサや土なども販売している。子どもに大人気のカブトムシやクワガタの飼育セットは、DAISOへ行けば一式が揃うほど豊富なラインナップになっている。

 虫かごも大きさによって値段は異なるが、飼育の用途に合わせたサイズから選べる。夏真っただ中は、飼育セットや虫採り網などは売れてしまうので、虫採りやカブトムシなどの飼育をする予定の人は早めにチェックしておきたい。

2.DAISO -ICEGUN-

 一見普通の水鉄砲に見える、こちらの商品。従来の水鉄砲と何が違うのか。大きく異なるのは、水鉄砲の「給水口」の部分だ。
 
DAISOの-ICEGUN-(110円)(筆者撮影)

 昔からある水鉄砲の多くは給水口のサイズが小さいものが多い。水を入れる際も、給水口の蓋がなくならないようにしてあるストッパーが邪魔をして、入れづらいといった経験はないだろうか。

 DAISOの水鉄砲は、給水しにくいといった心配がないのだ。大きな給水口は、小さな子どもでも水鉄砲に水を入れやすい。
 
広めの給水口(筆者撮影)

 この水鉄砲、水が入れやすいようにつくられているだけではない。実は、直径3.5cm以内の氷が入るように設計されているのだ。

 水鉄砲の水は給水してしばらく経てばぬるくなる。氷を入れておくことで、「冷たい!」感覚が味わえる。ICEGUNを使えば、しばらく氷水の冷たい水鉄砲で遊べるというわけだ。

 給水口はキャップ式で間口が広いので、小さな子どもでも水鉄砲の給水を容易に行えた。飛距離は約3mとの記載があり、筆者も試してみたが思ったよりも勢いよく水が飛んだのには驚かされた。

 冷たい水で遊べる水鉄砲は、いつもと違った感覚で子どもたちも楽しめるだろう。

3.DAISO  光るシャボン玉

DAISOの光るシャボン玉(110円)(筆者撮影)

 子どもの多くが大好きなシャボン玉。光るシャボン玉のガンの特徴は文字通り光るところ。引き金を引くと、シャボン玉ガンの中の歯車が回転しながら光るのだ。キラキラ光るガンはかわいらしさもある。

 引き金は大きな力を必要としないので、小さい子どもでも楽しめる。シャボン玉も途切れることなく続けて出るので盛り上がること間違いなし。
 
写真だと分かりづらいがしっかり光っていた(筆者撮影)

 シャボン液も付属しておりサイズ感も小さめなので、持ち歩きにも便利なグッズである。

DAISOは水遊びグッズが充実していた

 100円ショップの中でも屈指の商品数を誇るDIASO。店舗にもよるが、今年の季節商品のラインナップは、近年人気のリュックタンク型の水鉄砲を始めとした「水遊びグッズ」がとても充実している印象だ。

 110円の商品だけでなく、550円のものもあったが、水鉄砲類に関してはDAISOが圧倒的な商品数かもしれない。

 大人も楽しめる大型の水鉄砲もあったので、子どもと一緒に楽しめるだろう。子どもの大好きな水遊びのアイテムを、一緒に選びに行くのも親子水入らずのいい時間が過ごせそうだ。

Seria スマッシュウォーターバルーン

Seriaのスマッシュウォーターバルーン(110円)(筆者撮影)

 夏の水遊びの定番でもある水風船だが、最近人気のものがある。それが「一気にまとめて作れる水風船」だ。

 以前は大型のおもちゃ用品店などで取り扱いをしていて価格も安くはなかったのだが、最近では100円ショップでも見かけるようになった。

 水風船遊びはとても楽しいのだが、ひとつひとつ風船に水を入れて膨らませ、栓をするのは意外と手間がかかるもの。水を入れている途中で破れたり、一個つくるのに時間を要したりと苦戦することもしばしばだ。

 水風船の大好きな筆者の子どもたちは、夏場になるとよく水風船で遊ぶ。夏に限らずお風呂場でもつくって遊んでいたのだが、そんな時に一つひとつ水風船をつくるのは、非常に面倒くさいと感じていた。

 一気に何個もの水風船をつくれるという画期的なこの商品のおかげで、そうした面倒から解放され、水風船を何個もつくってあげることができるようになった。

 些細なことだが、これは非常にうれしい体験だった。子どもも一気に膨らんで出来上がる水風船をみて大興奮だった。
パッケージの出来上がりイメージ。一気に膨らんでいくのがおもしろい!(筆者撮影)

 キャンプに持って行った時には大量の水風船を投げ合って、子どもたちがとても喜んでいたのを覚えている。大量の水風船遊びは、夏にぴったりの遊びグッズだ。

 なお、屋外などで水風船を使った場合には、割れた水風船の後始末も忘れないように、最低限のマナーは守って遊ぼう。

たくさんつくれる水風船は他の100円ショップにも

 一気にたくさんつくれる水風船は、他の100円ショップでも見かけた。DAISOでは見かけなかったが、キャンドゥでは同様の商品を見かけた。

 人気商品なのか、筆者の近隣店舗では同様の商品が残り数個しかなかったので、GETしたい人は早めの購入をおすすめする。

キャンドゥ 手持ち花火

キャンドゥの手持ち花火(各110円)(筆者撮影)

 キャンドゥでは手持ち花火が販売されている。ホームセンターに行かなくても手軽に手に入り、ちょうどいい花火の量なのも、100円ショップの花火が人気のポイントなのだろう。

 筆者は昨年、キャンドゥで購入した花火をキャンプに持って行った。煙が少ないタイプや、写真に綺麗に映るタイプの花火、花火のクイズを考えながら楽しめる花火など、いろいろなタイプが入っていて、ちょっとずつ楽しめた。

 ちょっと花火を楽しみたいときにちょうどいい量の花火は、100円ショップで気軽に入手できるのでおすすめだ。

100円ショップをうまく利用して夏を楽しもう!

 夏本番を迎えて、どの100円ショップも子どもが喜ぶ夏遊びグッズが充実している印象だった。

 100円ショップの王様とも言えるDAISOでは、価格帯も広く110円商品だけでなかったが、夏遊びグッズのラインナップはとても豊富だった。

 水遊びグッズはすぐに完売してしまうことも多く、見つけたら即購入がおすすめ。季節商品は、完売したら再入荷がないことも多いからだ。

 ちょっとした目新しいアイテムは子どもにとって嬉しいもの。楽しい夏の思い出に一役買ってくれるはずだ。(GEAR
ギャラリーページ

オススメの記事