• ホーム
  • ライフスタイル
  • Spotifyが総額1億円を拠出! 国内音声コンテンツクリエイターを支援する「クリエイター・サポート・プログラム」

Spotifyが総額1億円を拠出! 国内音声コンテンツクリエイターを支援する「クリエイター・サポート・プログラム」

サービス

2022/01/29 08:30

 スポティファイジャパンは、同社が提供するオーディオ ストリーミングサービス「Spotify」において、同社が総額1億円を拠出して、次世代を担う国内音声コンテンツクリエイターを支援する「クリエイター・サポート・プログラム」を拡充するとともに、1月27日から同プログラムを通じて創作活動を支援する第1期クリエイターの募集を開始している。
 

Spotify」が国内音声コンテンツクリエイターを支援する「クリエイター・サポート・プログラム」を拡充し、支援を強化

 クリエイター・サポート・プログラムの拡充によって、対象となるクリエイターに対して、新たに以下のような支援を提供する。

・再生回数やフォロワー数をはじめとするSpotify上でのデータに応じて、対象クリエイターの番組に月額3万円から100万円までの制作支援金を提供
・番組の収録を目的とした「Spotify Studios Tokyo」(東京・渋谷)の優先利用権の提供
・ノウハウやナレッジの共有を目的としたオンラインセミナーの実施
・クリエイター同士が集う交流イベントの定期的な開催
・リスナーとのコミュニティ形成を目的にしたイベントの運営サポート

 サポートの対象となるのは、ポッドキャスト分野としては国内初のアワードとなる「Japan Podcast Awards」内に設立された「Spotify NEXT クリエイター賞」の受賞者や、Spotifyが展開するポッドキャストクリエイター養成プログラム「Sound Up」の受講経験者、およびSpotifyが提供する音声配信プラットフォーム「Anchor」で番組を配信するクリエイターで、個人・法人を問わず応募を募り、同社での選考を経て決定される。

 個人については、「Anchor」での5000名以上のリスナー、またはソーシャルメディアでの5000名以上のフォロワーを持つクリエイターを募集している。

 法人企業については、新しい番組のアイデアを持ち、「Anchor」での番組配信を検討している法人利用者が対象となる。

 個人、法人とも、専用フォームにて応募を受け付ける。受付期間は1月27日~9月末。

オススメの記事