ヤマダデンキ、ロボット掃除機を独占販売 3万3000円で使ってる掃除機の下取り実施

新製品

2021/08/31 20:00

 ヤマダホールディングスは、Beijing Roborock Technology(本社・中国)のロボット掃除機「Roborock S7+」を9月3日からヤマダデンキ店舗とヤマダウェブコムで独占販売する。今回の新発売を記念し、Roborock S7+を購入した人には9月17日まで今使っている掃除機を3万3000円で下取りを実施する。なお、スマート自動ゴミ収集ドック非搭載モデル「Roborock S7」も販売する。

スマート自動収集ドック搭載のRoborock S7+

 Roborock S7+は、水拭きがさらに進化し、Roborock初のスマート自動収集ドックを搭載した最上位モデル。水拭きモードでは、毎分最大3000回のモップ高速振動機能などを搭載し、こびり付いた頑固な汚れにも対応している。また水拭き掃除の際に、超音波センサーがカーペットを検知すると自動でモップが上昇し、カーペット上では吸引掃除のみを行う自動モップリフトアップ機能も搭載するなど、これまで以上に快適な掃除を提供する。

 Roborock S7は、スマート自動ゴミ収集ドックが非搭載のモデル。本体の機能は、S7+と同等となる。

オススメの記事