GIGA-BYTE、4K対応43インチゲーミングディスプレイ「AORUS FV43U」を国内発売

 台湾のGIGA-BYTE TECHNOLOGYは、「AORUS」ブランドで4K対応ゲーミングディスプレイ「AORUS FV43U」を国内正規代理店を通じて6月18日に発売した。価格はオープンで、実勢価格は17万8200円前後。

AORUS FV43U

 AORUS FV43Uは、応答時間1ms(MPRT)、リフレッシュレート144Hzの43インチワイド量子ドットVAパネル(解像度3840×2160)を採用し、青色LEDバックライトの上に量子ドットを重ねることで、広色域・高輝度を実現し、鮮やかな表示を可能とした。

 輝度の高さから、「VESA DisplayHDR 1000」認証を取得し、自然でリアルな描写を楽しめる。また、ゲームモード、ムービーモードを含む3種類のHDRモードを備えている。DCI-P3色域を97%、AdobeRGB色域を99%カバーする10ビットカラー(8bit+FRC)表示は、6軸カラーコントロール対応で、レッド、グリーン、ブルー、シアン、マゼンタ、イエローの6色を個別に調整でき、正確な色域の表示を実現した。

 その他、Adaptive-Syncにも対応し、ゲームやビデオの再生中にカタつきやティアリングを気にすることなくコンテンツを楽しめる。また、独自のサウンド強化技術である「SPACE AUDIO」を搭載し、利用用途に合わせて5種類のモードを選べるほか、12W×2基のスピーカーも備えている。映像入力は、HDMI 2.1×2基、DisplayPort 1.4(DSC)×1基となる。

オススメの記事