• ホーム
  • ライフスタイル
  • 電車の揺れを再現! 「足枕 快眠エクスプレス」の振動×ヒーターが眠りの世界にご案内

電車の揺れを再現! 「足枕 快眠エクスプレス」の振動×ヒーターが眠りの世界にご案内

レビュー

2021/03/29 18:30

 繁忙期の真っ只中にいるせいか、寝付きが悪く感じることも。そこで試してみたのが、マッサージクッション「ルルド」ブランドでおなじみのアテックスが販売する「足枕 快眠エクスプレス」だ。なんでも電車の揺れや鼓動などを再現した振動モーターを内蔵しており、足に微振動を与えてリラックス状態に導いてくれるんだとか。実際に使ってみて感じた魅力を紹介しよう。

「足枕 快眠エクスプレス」(税別1万2000円)は、寝具の上に設置して使う足枕。
使用の際は、クッションに両足を乗せる

微弱な振動が身体をリラックス状態に導く

 足枕 快眠エクスプレスの最大の特徴はなんといっても、足枕が発する微弱な揺れ。クッション内部にモーターが内蔵されており、第二の心臓とも呼ばれる足に心地のいい振動を与えてくれる仕組みだ。この振動が副交感神経を刺激し、深部体温や心拍数を緩やかに減少。体をリラックスしているときに似た状態にして、眠りに導いてくれる。
 
「足枕 快眠エクスプレス」は約横800×縦300×高さ80mm。
ワイドサイズなので寝相の悪い筆者でも足が落ちずに使えた

 体感できる振動は、電車に乗ってカタンコトンと揺られている心地よさを再現した「トレインモード」と、トクントクンという鼓動をイメージした「鼓動モード」、添い寝でトントンされているような安心感をイメージした「リラックスモード」の3種類。いずれも主張しすぎず、日中の家事や仕事で疲れた足に癒しを与えてくれる。

 筆者のお気に入りは「リラックスモード」。振動を感じているのは足だけなのに、ウトウトする頃には本当に添い寝で背中をトントンしてもらっているような感覚を味わえるのだ。仕事などで不安があって考え事をしてしまう夜も、トントンに意識を向けることで心が落ち着いた。
 
振動の種類と5段階の強さは付属のリモコンで選択可能。
夜間に使用しても振動音はそれほど気にならなかった

内蔵ヒーターが疲れた足をじわ~っと温める

 クッションに内蔵されているヒーターも安眠の秘訣だ。リモコンでボタンを押すと、両足を乗せる部分に入っているヒーターがじんわり発熱。まだ冷える夜間に足首やふくらはぎを気持ちよく温め、ぎゅっとなった筋肉をほぐしてくれる。トレインモードの振動と組み合わせたときのリラックス効果は絶大で、思わず眠くなるあの「ポカポカした電車内」が布団の上で再現できるのだ。
 
オフタイマーは10・20・30分から選択可能。
夜間の睡眠導入はもちろん、お昼寝やリラックスタイムにもぴったり

 寝具の上でヒーター機能を使うのは不安だったが、足枕 快眠エクスプレスにはオフタイマー機能搭載されている。心地よくなってそのまま寝落ちしてしまっても、一定時間が過ぎると自動で停止するので安心だ。

ただ足を乗せているだけでも気持ちいい

 スイッチを入れず、ただ足を乗せているだけでもリラックスできるクッションもお気に入りポイントだ。足枕 快眠エクスプレスの中材は高反発の上質なウレタンフォームを使用しており、長時間使用してもまったくヘタれないいのが特徴。カバー生地の素材はポリエステルやポリウレタンで、寝返りを打つたびにすべすべした感触が楽しめる。
 
傾斜角度は眠りを妨げない絶妙な12度。
リモコンは本体側面に収納可能で紛失の心配もない

 手入れをしたいときは柔らかい布で乾拭きすればOK。汚れが気になる場合は、水を含ませてからかたく絞った布で汚れを押えるように拭こう。さらに、洗濯対応の別売専用カバー(税別3500円)を使用すれば、本体をいつでも清潔に保てる。

 電源コードの長さも2mと十分で、ベッドからコンセントが少し遠い我が家でも余裕をもって接続できた。本体は薄型・軽量なため使わないときの収納も簡単だ。快適な睡眠を探している人は、振動と温かさのコラボで癒しを与えてくれる足枕 足枕 快眠エクスプレスを試してみては?(TEKIKAKU・山崎理香子)

オススメの記事