シャープ、業界初の除湿制御機能「氷結ドライ」備えたエアコン9機種

新製品

2020/11/26 20:30

 シャープは、「プラズマクラスターNEXT」と除湿制御機能「氷結ドライ」を搭載したプラズマクラスターエアコン「Xシリーズ」9機種を2021年1月18日に発売する。価格はオープンで、税込みの実勢価格は25万~41万円前後の見込み。

AY-N40X2

 Xシリーズは、イオン濃度を1平方センチあたり5万個まで高めた「ラズマクラスターNEXT」によって、高い効果を実現するとともに、新開発のファンモーターによる「低回転ファン制御」とコンプレッサー制御の見直しによって、熱交換器を氷点下まで冷やして除湿量を従来機種と比較して約2倍に向上した「氷結ドライ」を備えている。

 さらに、同社のAIoTクラウドサービス「COCORO AIR」と連携した「ワンちゃんモード」と「ネコちゃんモード」を搭載し、「COCORO AIR」にペットの種類や性別、サイズなどを登録することで、ペットの特性に合わせた設定温度の提案や運転制御を行い、ペットにとって快適な空間を実現できる。

 ワンちゃんモードでは、人間よりも比較的涼しい環境を好む犬の特性に合わせて、エアコン付近の床面をスポットで冷やすことによって、飼い主の生活空間との温度差を生じさせ、飼い主もペットも快適に過ごせる。

 ネコちゃんモードでは、寒さに弱い猫の特性に合わせて冷やしすぎないよう、温度と湿度に合わせて冷房と送風を賢く切り替え、優しく冷やす。
 
「ワンちゃんモード」と「ネコちゃんモード」の動作イメージ

 その他、エアコン内部や部屋のカビを自動で抑制する「ラズマクラスターパトロール」、エアコン内部を清潔にする「風クリーンシステム」といった機能を備えており、各パーツは手軽に取り外せて洗えるよう、設計されている。

オススメの記事